カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「橋本一子ソロ&デュオwith橋本眞由己」 mini2ツアー@神戸・クレオール

さて、
いよいよ「橋本一子ソロ&デュオwith橋本眞由己」 mini2ツアーの最終日であります
舞台はそれに相応しい神戸・クレオール
昨日のロイヤルホースは、どちらかといえばライブハウスというよりもライブバーに近い雰囲気
対して、クレオールは店の内装はもちろん「音」自体の響きもクラシカルなホール
個人的には、今回のライヴコンセプトからはクレオールの方がより相応しいと感じるのです

e0106851_842418.jpg
「今宵の主を待つ、YAMAHA C7」

昨夜、「神戸では、小品集でやります!」と宣言した一子さん
さてさて、なにが飛び出してくるのやら


開演時間とともに、静かに静かに一子さんの登場
ホンマ、静かすぎて拍手でのお出迎えがちょっと遅れたのはご愛嬌ってことで(^^;
昨夜と同じくの2部構成、最初は一子さんのピアノ・ソロ
ピアノ・ソロ自体が数年ぶりだったと言う一子さん
自分の中でもやれるのか、どうか、はたまた何が出てくるのか、出せるのか
探り探りな昨夜の演奏だってようで
その中にあって、新しい感触、自称「うまくなってた!(爆)」なこともあって
ある意味、(失礼な表現ながら)自信をつけて(みなぎった、か)のクレオール
まだ、演奏前でのMCであるにもかかわらず期待で一杯になってきます

e0106851_8481447.jpg
「さぁ、なにやろうかなぁぁぁ」と前日の話を交えつつ楽譜をめくる一子さん

橋本一子ピアノ小品集は、
アルバム「Beaty」に収録されている「青の彫刻」から始まりました
パルスのようなガツーンとした余韻の少ない、でも澄んだ高音部
それは仄かに青みを含んだ水晶のような大理石を刻むノミの音かも
単音構成な、高い音域中心なのだけど、そこに柔らかさも感じる
クレオールの残響音が一子さんのピアノにはよく似合う

続いて、「ペガサス」
これまた、イロイロな音が余韻を残したままで交じり合う美しい曲
重厚な重なり合った音の響き、余韻の中の余韻、重なる残響
「青の彫刻」は、音を切り取ったイメージ
対して、「ペガサス」は音を幾重にも重ね合わせた感じです
天空の星のなかを駆けるペガサスは、なにか哀しそうでもあり
落ちてゆく光の粒は、希望なのか?悲しみの涙なのか?

3曲め、4曲めは遊園地シリーズ
まず、「メリーゴーランドでつかまえて」
夜の電飾で煌く、メリーゴーランド
それ自体が、大きな大きなオルゴールのようなメリーゴーランド
そこに、ゼンマイ仕掛けの人形がトコトコと歩いてくる
ときたま、ゼンマイがひっかかって止まったり、また歩き出したり
ワルツの調べに乗って、見つけているのに、探している
キラキラした恋の駆け引き
我が奥さまにおかれましては、操り人形のダンスを思い浮かべられた様子でした(^^

小品集のラストは、「遊園地の恋」
なにも、言うことありません
この一曲だけで今夜のモトは充分に取れています!(笑
美しい、としか言い様がない!
思わず、口から発したブラボー!!!

遊園地シリーズは、ほぼアレンジなしのアルバムバージョン
メルヘンチックな光景が目に浮かんで幻想的な一子ワールド満開!


昨夜もそうであったのだけど
ピアノを弾いているときの一子さんの表情が
とても嬉しそうであり、楽しそうであり
なんていうんだろぅな。。。
とても自分で楽しんで弾いているような
(もっとも、演奏者が楽しめないライブはあり得ないのだけど)
一子さんの中の可愛らしくイタズラっぽい少女の一面が全面に現れていたような。。。

ホールの響きに包まれて
包まれることを楽しみながら
音を発し、発した音と語らいながら演奏しているように見えた、感じたのです

小品集の興奮も冷めないうちに、
ピアノ・ソロ第二部は、「ひとりUbーX」の部

まず、「Li-Mo」
昨日とアレンジを変えてきています!
というか、恐らく、勝手に行っちゃった?(笑
ロイヤルホースでは、結構ジャズな雰囲気であったのだけど
今夜は、クラシカルなアレンジ
切れ味が鋭いのは、昨夜も同様

「Life is...」
天空に煌く星の下(もと)に立っている子供
彼を中心に回る天空の星々
鐘の音は鎮魂ではなく語らいの音
そして、彼は見守られていることを知る
風景は、モンゴル草原の深い深い漆黒の夜空

「イパネマの娘、あるいは少年」
ミッドナイト・sexy Bossa

「いつか王子様が & 星に願いを」他称・変態的一子アレンジ(爆
昨夜に引き続きスタンダードを一子アレンジで!
ミュージシャン仲間からは、「変態」と表現されるらしいけれども
めっちゃくちゃ美しいです!美しすぎる旋律の流れ!

「Nova」
一子ワールドの締めくくりは、眞由己さんをコーラスに迎えて。。。
不思議なんだなぁ
昨夜もそうだったのだけども、ピアノソロでありながらも「Ub-X」の曲をやると
井野ドンマスさまや、藤本リーダーさまの演奏する姿も見えてくるし
ピアノの音の中に、ドンマス、リーダーの音が聴こえてくる


休憩を挟んで、眞由己さんのステージ
象さんのドット柄の衣装で登場!

まず、最初の曲は、ラーゼフォンより「夢の卵」
昨今、アニメの曲というとタイアップされていて曲自体もいいものがありますけど
「夢の卵」はその中でもまったく引けをとらない名曲でしょぅ
メロディも、歌も美しく、心に響きます

e0106851_1872596.jpg
橋本眞由己お嬢様

続いて、アルバムより「未来へ」「告白」「恋」
眞由己さんの歌は、優しくて、歌詞、というか言葉を大事にされているなぁと
だからこそ、歌を聴きながら光景が自然に脳裏に浮かんでくるのではないのかな
ライヴに連れていってた下の娘が、ちょうど「恋」の主人公と同じくらいの世代で
歌を聴いていたら遠く離れている友達のことを思って泣きそうになったって言ってました

ボクも、夕焼けが沈む木造校舎の風景が目に浮かんできて
遠くなってしまった子供の頃を思いだしてしまいますね

眞由己さんの歌を聴くと、いつもそう
懐かしい郷愁、っていうのか
本当に心の深いところの引き出しを開けられて
忘れてしまった風景、思い出を鮮明に思い出させてくれる
そんな魔法を持った優しい歌声なんですねぇ

「まこを」
宇宙遺産・小川美潮さんのパート乗っ取り作戦遂行!(笑
いやぁ、すごい迫力だった!
のけぞりながら声を出す眞由己さん
細い身体のどっから?って思うくらいに豊かな声量で美潮パートを歌い上げます


「カエルのサンバ」「勇気を出して」を歌って2部が終了

絶賛の拍手、手拍子が鳴り止まず、続くアンコール

「きつね」
やっぱり姉妹だな、と感じさせるくらいに
どちらが歌っているのかわからない「声」のハーモニーが美しい
頭に浮かんだのは、まことにベタベタながら信太山の葛の葉狐伝説
まん丸の美しくも妖しい満月の夜
子ぎつねは、空に浮かぶ月を眺めてなにを想うのだろうか。。。
母に抱かれて聞いた子守唄

「Mais Que Nada」
ノリノリの一子さん自らが手拍子でオーディエンスをあおってのラストナンバー
たった二人だけのステージとは思えないほどの大迫力!すんごい!


神戸は、一子さん、眞由己さんにとっても懐かしの故郷でもあるし
いちファンの贅沢な希望としては、やはり年に1回はライブを聴いてみたいものです。。。
このホールは、一子さん、眞由己さんにとことん相性ピッタシだもん、ね


e0106851_18233528.jpg

[PR]
by funfunloving | 2009-10-18 09:20 | 聴く