カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

橋本一子 with 橋本眞由己 (恒例!)里帰り姉妹デュオ@神戸クレオール

何か月ぶりの更新かなぁ。。。。汗

てことで、秋も深まり
橋本一子さん&眞由己さんのほぼ恒例となった
里帰りライブに行ってまいりました!


当日の構成は、
1stセットが、橋本一子のピアノソロ
2ndセットが、橋本眞由己のヴォーカルとのデュオ
----------
気持ちいい風に吹かれながら
意識は空へ、空へ、高く、高く
銀河に流れる星々のなか
天馬は駆け抜け、
はばたく白い羽から生まれたての星がこぼれ落ち
それは、海の中を深く深く潜りこむ
何万年、何億年も昔から変わることのない世界に降るスノーフレーク
色のない暗闇の世界で、凍りついた水
鍾乳洞のつららから、落ちる、雫の音
青く青くどこまでも青く凍りついた静寂の世界
どこからか、鑿(のみ)の音が聞こえてくる
大きな木には小鳥たちがピーチクさえずり木の実をついばむ
ときどき、大きな鳥がやってきて慌てふためくけれど
慣れてきたら、また、ピーチク、パーチク
とうとう、大樹よりも大きな鳥がやってきた
嵐のような羽ばたき、大樹が揺れる
飛ばされないように、じっと、じっと
----------
眞由己さんの声は、とても優しい
まことに僭越だけども
1回目よりも、2回目
2回目よりも、3回目の今回
どんどん、よくなっていると思った
優しくて、柔らかい声
消え入る時の滑らかさ
すべてが、心地よくて、寝てしまいそう(汗

アルバムで聴いているからなのか、どうなのか
ピアノだけの伴奏なのに
ところどころで、弦楽の音が聴こえてきたりもする
あぁ、ここでサックス吹けたらなぁ、とか
グロッケンの音が欲しいぞ!とか
弾けないのに、弾く真似をしたくなってくるw
楽しい、まっこと楽しい

アンコールのカエルでは
場内全員でパーカッション大会!
後で思った、、、机よりもクチ叩いたら良かった。。。orz
ポポンポンポンってならせるんだょw


実は、ここ何週か気分的に沈んでいたのだけど
今回のライブは、冒頭で一子さんが
「耳だけで音を聞かないで、身体で感じて」って

本当に、そう
お二人の音、歌声は、頭のてっぺんからスゥーっと入ってきて
身体の中で広がり、意識をどこかへ連れてってくれる
この日のボクにとっては、たとえようのないヒーリングの世界
いろいろな光景を目にし、そして体験する

これだから、ナマの舞台は止められない!
沈んでいた気持ちに、カンフルもらった

ありがとう
[PR]
トラックバックURL : http://funloving.exblog.jp/tb/13442635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 隊長 at 2010-10-18 22:56 x
わあ!早速のレポありがとうございます!!あまりお話はできませんでしたが、奥さまともお会いでき、とても嬉しかったです。
素敵に美しく音楽を感じていただけてほんとうに嬉しいです!!
Commented by funfunloving at 2010-10-19 20:07
> 隊長さま
いつも本当に素敵で身体に響く音楽をありがとうございます
隊長さまのピアノも、眞由己お嬢さまの歌声も
頭のてっぺんから身体の中にしみとおる感じが心地良いです
嫁さんは、眞由己さまの歌で寝そうになったらしいっすw
Commented by 眞由己お嬢 at 2010-10-21 15:28 x
わあああ!!素敵なレポ♪ありがとうございます!!(^o^)/
毎年いらして下さり心から感謝しております☆
お会いできて(奥様とも)凄く嬉しかったです(^^)/

>嫁さんは、眞由己さまの歌で寝そうになったらしいっすw
私は姉のソロを聴いて眠くなりましたw

また来年お会いできるのを、楽しみにしています♪
Commented by funfunloving at 2010-10-22 21:14
>眞由己さま
こんばんは!
自称、橋本一家追っかけなもんで毎年行くですよw
ボクのひそかな楽しみ。。。
それは、某ボクちゃんの顔を見ること
ライヴ後、ご家族の方とお話させていただきました
子供の頃の呼び名がボクも同じやったもんで
なにやら親近感が。。。。
by funfunloving | 2010-10-18 08:36 | 聴く | Trackback | Comments(4)