カレンダー

2008年 03月 19日 ( 1 )

昨晩未明、数々の驚異的画像を地球に送ってくれている
タッベル宇宙望遠鏡が、驚異的かつ衝撃的な天体画像を届けてくれた!

地球から数十万光年離れたヲシミ座
そこでタッベルが見つけたのは、美しきウズマキ銀河である

以前より、天文学者たちの観測や、空間の重力計算によって
この星座に巨大な銀河が存在することは論じられていたのだが
今回、タッベルがそれを見事に立証してくれたのだ!

発見された銀河は、完全なる二重銀河で
星間密度の薄い部分と、濃い部分が美しく均等に渦巻いている
密度の濃い部分は、明るく煌く星々で白く輝いている
よく見ると、太陽系のアステロイド・ベルトのような
小惑星が作り出したと考えられる茶色い帯もみることができる

いったい、どのようなシステムによって
このような完全なる小惑星帯を含む二重銀河が生まれたのかは
天文学者、物理学者、あるいは料理研究家たちによる
今後の研究結果に委ねられそうだ

驚異的なウズマキの画像は、ココ!<Click
[PR]
by funfunloving | 2008-03-19 20:42 | 食す