カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:観る( 13 )

源氏物語千年紀

なんでも今年は源氏物語が執筆されて千年目だそうで
あちらこちらで関連したイベントなんぞが催されている様子

知人であるお嬢が生け花を習ってて
地元の公共施設内でのイベントに出品してるってことで
観に行ってきました

えぇ、どこじゃ?どこじゃ?

オヤヂのようなソッチ系の知識のない凡人でも知っている流派の
生け花の数々を眺めつつ知人の作品を探し歩く

いかにも、「生け花」って感じの古典的なものもあれば
前衛的なものもあって生け花の知識なんぞ持ち合わせていない
オヤヂの目でも結構オモシロイ

そして、お嬢の作品をみっけ!

e0106851_1638599.jpg


角茄子(フォックスフェイス)と万年青の組み合わせ
赤い実はなんだろ?
メールで聞いたら、山帰来(サンキライ)って言うそうです

鮮やかな色の組み合わせと、
サンキライの橋のような空間が可愛らしい
花器に巻いた紙(?)も柔らかい雰囲気で


たまにはこういうのも、いいよね


ちなみに、山帰来ってば生薬でもあるらしいぞ
[PR]
by funfunloving | 2008-11-03 16:50 | 観る | Trackback | Comments(0)

文化祭に行ってきた

一昨日の土曜日
子供の学校へ文化祭を見に行ってきました

お昼前に行ったので、(いちど)下校途中の生徒たちがおりまして
父兄に元気よく挨拶をしてくれます

んで、ワタクシめ。。。。失態をおかすわけです(汗

元気に挨拶してくれる子らにむかって
ワタクシも元気よく、それに応えました!

生徒さん: 「こんにちは!」

アホ:「うぃーっす!」 ( ̄^ ̄)

生徒さん:(クスクス)

生徒さん:「こんにちはぁ!」

あほ:「うぃーっす!」 ( ̄^ ̄)

生徒さん:(クスクス)
傍の先生:(クスクス)


なんで、笑ってんねんやろ?
なんか、変な雰囲気やなぁ。。。???

ハっ!と、気づきました。。。(汗
てか、遅すぎであります
やってもぅた。。。であります


それからは、ちゃんと

「こんにちは!」とお返事しました、とさ


まぁ、気をとりなおして美術部の展示を見に行くことに

去年のお出迎え作品は、コレでした


そして、今年われわれを出迎えるのは

まさに天上に上ろうとする龍でありました!

e0106851_17344057.jpg


す、す、素晴らしい!


e0106851_17354634.jpg
「ウロコ部分、拡大の図」
わかりにくいかも知れませぬが、去年と同様に染色和紙によるちぎり絵で構成されています


e0106851_17382470.jpg
「全体の図」
ベニヤ板3枚分の大作


e0106851_17532154.jpg
子供作「鳥」
[PR]
by funfunloving | 2008-10-26 17:48 | 観る | Trackback | Comments(4)

惣社の杜

きょうは、下の子の学校で体育祭がありました

嫁さんと自転車コギコギ学校へ行ったわけですが
狭い運動場で座る場所はおろか、日陰もないので
出番がくるまで、お隣の惣社の木陰で休んでました(^^;

e0106851_20322545.jpg



敷地内の樹木では、まだ蝉が鳴いていました
木陰で座っていると、なんとも心地よい風が吹いてきます

e0106851_2034968.jpg


学校での進行のアナウンスや、子供たちの声援、BGMも聞えてきます

風に乗って、クスノキの薫りがします

洗心の龍の口から流れる水の音も聞えてきます

なんとも、しずかでのどかな時間

e0106851_20383059.jpg


この惣社は、ボクが子供の頃に自転車乗って遊びに来ていた場所
大人になってからは、来る機会も減ってしまって
また、ご近所ふくめ周りの風景も変わってしまって
当時の面影はどこにもありません

惣社自身も、先の震災で被害を被って寄進によって建て直されたので
やはり、遊んでいた頃の面影はありません

あの頃は、大きなクスノキによじ登る腕白(死語?)
まんまえにあった駄菓子やさんの賑わいが
風に吹かれながら、脳裏に浮かびました


さぁ~てと、そろそろ、出番かなぁ
[PR]
by funfunloving | 2008-09-20 20:42 | 観る | Trackback | Comments(4)

北京にて

野球を観戦していたのだが
なんかぁ、韓国相手にチンタラやってっから
場所を移動して陸上を観ることにした

ボルトの速さに唖然。。。
なに、あの速さ
力抜いて走ってんじゃん、、、まだまだ余裕あるやん
真剣に走ったら、いったい。。。(@@)

塚原は、スタートがよくて期待したけど
中盤でダンゴになっちゃったね
伸びが全然違うって感じ

ゲイは、神経質になっちゃったのかな?

それしても、なんで上半身があんなにスゴイんだぁ?
黒人は、身体のつくりが違うね
あの、サングラスの意味はなんだろ?
USA代表のディックスは、見た目が斬月や、マイルスに似てるもんで
個人的に応援したいぞ!

で、斬月ってダレ?ってアナタに
[PR]
by funfunloving | 2008-08-16 22:23 | 観る | Trackback | Comments(2)

明石公園にて

うぅーん、ちょっと頭で思ってたのと違うんだけど
なんだろなぁ。。。。
思ってた以上に灯篭がでかかった。。。画面に収まらない

e0106851_21293386.jpg
「明石公園入り口の石灯篭」


んで、帰ろうと思ったら
東の空に、満月に少し満たない月が輝いてました

e0106851_213223.jpg

[PR]
by funfunloving | 2008-08-16 21:40 | 観る | Trackback | Comments(2)
ようやく、コチラ方面でもサクラが咲きまして
この週末あたりは花見客で一杯でしょうねぇ

e0106851_12121470.jpg


で、ワタクシはといえば
朝からブリュッセルへと向かいましたのであったのです

e0106851_12272320.jpg

しばらく来ないうちに、小便小僧は鯉を捕まえてましたけど

。。。。。

えっと(汗、、、

しょーむない前置きが捨てておいてですね(汗


実は、朝から西方へと素敵な花を眺めに行きました!

昨年からいろいろと懇意にさせていただいている酒蔵さんの
若き杜氏が本日めでたくご結婚されるってことで
古式ゆかしき花嫁行列を行うとのこと
花は花でも、花嫁さんでした(^^

もちろん、ワタクシも花嫁行列を見るのは
初めてなもんでワクワクドキドキもんで
今週のあたまあたりから、
空模様とかも気になりつつも
今日の良き日を楽しみにしておりました


花嫁行列は、ご自宅から酒蔵までの道を進みます

ますは、先頭のおじさんが行列を先導
おじさんの掛け声でもって列はゆっくりと進みまして
e0106851_12592042.jpg

そして、祝いの鯛と酒樽がお目見え
蔵の法被を着た若衆がなんとも粋ですね

e0106851_12374768.jpg

いよいよ、赤い傘の下には初々しい新郎新婦のいでまし

e0106851_12452100.jpg

後ろ姿でのアップですが。。。(^^;

ご自宅から酒蔵までの道のりを
花嫁行列をお祝いしようと集まった多くの人たちと
咲き誇る春の花(桜、梅、菜の花、レンゲ)の間を
ゆったりゆったりと列が進んでいきました


ほどなく、蔵に到着し、改めてのお披露目

e0106851_12492210.jpg


お祝いのご挨拶と、謡曲高砂の後
新郎、新婦の初の共同作業はケーキカットではなく、鏡開き!

蔵の集まったみなから
「よいしょ!よいしょ!よいしょ!」の掛け声

e0106851_12554211.jpg

振舞のお酒も頂いて、幸せを分けてもらったような
ほんわかした気持ち一旦家路へと向かったのであります

e0106851_12564121.jpg


今日の空のように、爽やかで初々しい新郎新婦の姿
末ながくお幸せに!おめでとうございます!



ってわけで、今夜は蔵で開催される結婚二次会が行われ
オヤヂめも出席させていただきます

ってことで、さぁ~、今夜は呑むぞぉぉぉぉぉ(爆
[PR]
by funfunloving | 2008-04-05 13:15 | 観る | Trackback | Comments(2)

す、素晴らしい!

土曜は子供の文化祭を見に行ってきました

展示室の前で出迎えているのは

部員総出で作成した

ベニヤ板3枚分のピーナッツの楽しい面々

e0106851_17373812.jpg


これ、なにでできてると思います?

板に書いているじゃないんですよ

これね、実は「ちぎり絵」なんですよ!

全部、色紙をちぎって濃淡出してんですよねぇ

図柄も可愛らしく、色合いも素敵で

親バカ承知ながら、ホントウによくできてる

「へぇ、やるもんだねぇ」と感心してしまいました (^^;
[PR]
by funfunloving | 2007-10-28 17:41 | 観る | Trackback | Comments(4)
今夜は、中秋の名月やったんですねぇ

ケータイのカメラでさえ
こんなにも白く輝いて

ほんとうに、キレイ

うつくしいお姿

e0106851_202112.jpg


みんなが、
美しいものを、美しいと感じて
優しいことを、優しいと思って
大事なものを、大事だと考えれば

もう少しは、マシな世界になるんではなかろうかしらん。。。


みんなぁ、空を見上げてみようぜぃ!
[PR]
by funfunloving | 2007-09-25 20:04 | 観る | Trackback | Comments(0)
照明が落ち、BGMが途切れたのちに
メンバーが、それぞれのポジションにつく

「ドラムス、藤本敦夫」
「ベース、井野信義」
「そして、スペシャル・ゲスト!菊地成孔!」

めずらしく、演奏前にメンバー紹介

ひときわ大きな拍手の中、今夜のスペシャル・ゲスト
菊地成孔が登場する!
黒い3本ラインのジャージ!
今夜は、サングラスはなし!

そぅいえば、隊長も2本ラインの黒いタイトフィットなパンツに
黒いタンクトップというスポーティな衣装

なんか、あわせたかのように両者Hip-Hop風な雰囲気

おもえば、この衣装がすでに今夜のライブを予想していたのかもしんない

----------

「えっと、菊地さんはむかしワタシの教え子でぇ。。。」
「その頃から、才能が凄く、センスもあって。。。」
「吹けないくせに、エフェクタとか持ち込んで、タダモノじゃないなぁ、と」

「先生!勘弁してください!曲、行きましょう、曲!」(汗

「彼は、学校に入ったときSax吹けなかったんだよねぇ」
「でも、『いちばん伸びたで賞』もらったんだよなぁ」
「だからぁ、先生!やめましょう!」
「吹けなかった人がね、1年で吹けるようになったの!」
「そぅそぅ、それで、『伸びたで賞』もらったんだよね」
「身長がね、1年で伸びて、、147Cmくらいになったの」
(なんとか、話をはぐらかそうとする、かつての教え子)

「たしかに、伸びたのだけど。。。。」
(お!認めたぞ!)

「今も、あの頃と変わってません」
(ここ、笑っていいとこなのか。。。。。)


「で、あの授賞式ったら、ないですよね!」
「あのね、プレゼンターが、ガンマニアなの!」
「ガンっていってもさ、すい臓とか、肝臓じゃないよ」
「なんかさ、M-16とかってライフルもらってさ」
「ちょうど、東京サミットのときだったから持ち歩けないわけ」

「ベッドの上で使いましたよ、えぇ」

(場内、どう反応してよいか、とまどう)

「さてと、曲いきましょか」(汗


「20才のときに、音楽学校に行ったんですが、そんときのアンサンブル科の先生だったんですね」
「先生は、その頃から美しくいらしゃってて」

「若い子たちのエキスを吸ってらして」(爆

「吸ってないわよ!(#--)」
教え子を、蹴りに行こうとする、先生!(爆

「とかなんとか言って、吸ってたんでしょぅ?」
と、負けじと懲りずに応戦するかつての教え子

「とても、○○才には見えない」

「まだ、そんなに年いってないわよ!」

「ほんと、魔女です!魔女!」(w

(場内、爆笑の渦)

ここいらあたりで、遠慮してたら負けてしまう、と思ったか、思わないか
かつての教え子は、本来の饒舌さを取り戻し、MCの主導権を握らんとする

「ewe界には、『越えられない壁』ってのがありまして」
「片方を、『あ班』って言って、Ub-Xや、渡辺香津美さんなんかがいるわけです」
「もう、片方は、『た班』って言って、ボクなんかがいるわけですよ」
「これはね、片や貴族階級、片や下々のモノって感じで。。。。」
「だから、決して交わっちゃダメなんです!」
「それが、ね、今夜、こうして交わってしまった」
「ベルリンの壁が崩壊したのと同じわけですよ!」

「ある意味で、皆さんは、『歴史の証人』なわけです」

「ひょっとしたら、ボクと渡辺さんのセッションなんかもあり得るかも知れない」

「ゼッタイに、ないね!ない!ありえない!」


(場内、爆笑!)

といった、いつもの「Ub-X」のMCとは異なり
同窓会のような、オモロスMCなのでした


----------
1st-setでは、少々緊張ぎみの菊地氏
MCでは、(序盤だけ)先生にいいように攻められて
たぶん、ご本人がされてる「音楽」とは違った感じなので
最初の頃は、手探りなのかな?とシロートは思ったり

印象的だったのは、2nd-setに入ってから
なんの曲だったかな。。。「Mars-Brasileiro」あたりだったかな?
菊地氏の顔が笑っているの
それも、「えぇ!そぅ、きちゃうわけ!?」みたいな感じで
「いやいや、、、まいるなぁ」みたいな
はんば、苦笑いみたいな、そんな感じの微笑み

ステージの最前列にいて
後ろから藤本さんのドラムや、井野さんのベースや、
もちろん、隊長のピアノが煽り立ててくるわけだけど
菊地氏の笑いは、「おいおい、ウカウカしてられねぇよ」みたいな感じで
「こぅなりゃ、吹いてやろうじゃないの!」てな感じで
力強くブローして、熱くシャウトして
熱血プレイヤーと化したのでした

終盤は、微笑まれてましたね
とても、楽しそうに

「Ub-X」もアルバムだけ聴いているとCoolなイメージがあるし
菊地氏も、「南米のエリザベステイラー」や「野生の思考」あたりでは
やはり、「熱い」とは縁遠い印象があったのだけども
どっちかって言うと、ねばりつくような、エロエロな音色というか
身体のまとわりつく「音」だったのですよ

だけど、この夜の菊地氏は、
いやいや青年・菊地成孔は
どこまでも透明で
どこまでも透き通った
ハイトーンな音色を熱くブローして
その姿がとても印象的なのでした

アンコールの「Mas Que Nada」なんか、Ultra-Bop!そのもの

----------
それとですね
今回は、隊長の後ろ側に席を陣取り聴いていたのですが
さきほども書いたとおり、この日の隊長の衣装はタンクトップ

ピアノ弾くときの筋肉の動きがわかるんですね

いや、素晴らしく美しいものをみました
隊長の肩の裏側の筋肉
躍動する筋肉が、とても、美しいのです
えっと、誤解なきように付け加えておきますけど
決して筋骨隆々ってわけじゃないんですよ
そんなこと書いたら蹴られてしまう(><)

女性らしい「しなやかさ」、っていうか
だけど、必要最小限にシェイプされているっていうか
そういう美しさです

ピアニストは、もちろん他の演奏家もでしょうけど
アーチストであると同時に、アスリートなんだな。と
[PR]
by funfunloving | 2007-09-11 21:41 | 観る | Trackback | Comments(10)
ちょっとYou Tubeをうろうろしてたところ、発見。

謎のバンド(?)、「ザ・タイマーズ」って夜ヒットに出てたんやねぇ

e0106851_21303177.jpg
「ザ・タイマーズ 夜ヒット完全版」

まぁ、冒頭の暴れぶりはともかくとして、

やっぱり、「Day Dream Beiliever」はええわぁ
[PR]
by funfunloving | 2007-01-21 21:29 | 観る | Trackback | Comments(0)