カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

あちゃぁ。。。。。

会社に傘忘れたわ。。。

って、気がついたのは帰りの駅までの道

取りに戻るのもメンドーだったのでそのまま帰宅


明日、雨降らんよなぁ。。。。。
[PR]
by funfunloving | 2007-05-30 22:09 | つぶやく | Trackback | Comments(0)
ドックの帰りに「穴蔵」さんへ、、、、<って、オイ!(汗

それも、仕込み時間に、、、、<コラ!

今日のイチオシは、これ!

手作りハンバーグの煮込み!

じつは、仕込みの最中から狙っていたんだよね

だけど、今日は営業時間を外して来てるもんで

そこはほれ、

厚かましくなっちゃうから遠慮、遠慮(w

ほしたら、出来上がったときに女将さんから

「できあがり、食べます?」と

さては、欲しい欲しいオーラが見えたな(w


e0106851_18444071.jpg


なんでも、材料仕入れに行くスーパーで
美味しそうなペコルスがあったもんで
ハンバーグを思いついたらしい

ペコルスは、刻んでハンバーグに入り
丸ごと煮込まれて付き合わせにもなり

ハンバーグも、ペコルスも、トマトソースも美味しゅうごじゃりました
残ったソースをパンにつけて食べたかったんやけど
残念無念、すでにおなかが許容オーヴァー。。。
[PR]
by funfunloving | 2007-05-25 18:50 | 呑む | Trackback | Comments(2)

いちこのいつこのいちご


こないだ撮った花
真っ赤な実になりましたぁ!

すこしかたちはわるいけれど
これで、なかなか、あまいかをりがするのです

せっかくキープしてくださったのに
その香りを届けることができないのが、、、残念
せめて写真でも、、、

e0106851_1830451.jpg

[PR]
by funfunloving | 2007-05-25 18:33 | 撮る | Trackback | Comments(2)

え?たいちょー?

おいら、知ってしまった。。。。

憧れのたいちょうーが、、、え!?まさか!

一時は、こんな「お仕事」もされてたみたい


結構、衝撃の画像発掘!

あまりの衝撃に、刺激の強さに

あなたの中の「橋本一子」像が、ちょっと心配(汗

でも、みたいでしょ?


じゃぁ、ちょっとだけよ。。。。


でも、ホントウに後悔しないわよね。。。

覚悟は、いい?

たいちょ、衝撃!の。。。。。
[PR]
by funfunloving | 2007-05-24 21:46 | つぶやく | Trackback | Comments(6)
そんな感じではなかっただろうか?
いや、女性だから「宝箱」や「宝石箱」だろうか

どちらにしても、
「そのときの自分」が大事にしていたものがたくさんつまった入れ物

しばし、その存在すら忘れていたモノを開けたときの感じ
なにかのきっかけで、見つけ出して開けてみたときの感じ

あぁ、こういうのもあったな
そうそう、こんなのもあったのよね
これにハマってたんだよぉ

開けた箱の中からこぼれてくるのは
一片の曇りなくキラキラと輝き続ける「もの」



こないだも紹介した
のだけれど
橋本一子さんのポリドール期のアルバム7枚が再発されるのだ
それも、とある情報(笑)によると、7枚とも本人監視(?)のもとでの
リマスタリングの後、生まれ変わって世に再デビューするとのこと

ここで告白すると
むかしむかし、橋本一子というミュージシャンを知って
「High Excentrique」というアルバムを買いました
プレーヤーにかけて聴いたとき。。。
ボクが、橋本一子を知ったときのイメージを
そのまんまアルバムに投影していたので
すこしイメージが離れていたのですね
聴き手が勝手につくりあげるギャップとの差

いまは、
多少なりとも、「橋本一子」というミュージシャンのカケラででも
わかる、感じるようになった、と自意識過剰ながら思うので
どれも、楽しめるものになって。。。なんか、不思議な感じ
楽しむっていうか、身近に感じるといったほうがよいかも、ですね

アルバムを創っているときの「一子さん」の楽しみ
ひょっとしたら悩み、苦しみ、迷いがあったかも知れないけれど
なんか、そんな作り手の意識も感じれるような錯覚

なんか、話がまとまっていないけれど、そのまんま続けて(w

菊池成孔さんが、アルバム「Ub-X」へのコメントの中で
「やり散らかした」って大変悪い表現(爆)でもって賞賛されていますけど
菊池さんも言うように、橋本一子さんは、色々とやりたいことがたくさんあって
それは、ジャンルなんて枠に収まらなくって、きっと、その時々でひらめいたり
挑戦してみたり、やりたくなってみたり、
オヤヂ風の悪いたとえで言うならば、
「子供のように、気を引くものを見つければ、手当たりしだい」に
無邪気に、自由奔放に、好奇心ゆたかに、
摂取し、創ってきたのだと思うのです

それは、ひっくり返したおもちゃ箱から出てきたおもちゃのように
宝石箱から散らばった宝石のように、リングもあれば、原石もあったり、
フォーマルであったり、カジュアルであったり、リゾートであったり、
ポップだったり、ジャズであったり、ロックであったり。。。
でも、どれも、どれも素敵な宝物


7枚のアルバムを聴くと、
それぞれに、雰囲気が違うものの、趣きがあって、素敵で、楽しくて
いま現在の「橋本一子」を知るルーツのようなものも感じて
とても興味深く、面白く、楽しいものです

そして、どれも、「そのとき」の一子さんを感じることができる
まるで、タイムカプセルですね!
[PR]
by funfunloving | 2007-05-21 20:46 | 聴く | Trackback | Comments(0)
♪ツンツン、ツノダのTU号
♪パパと、ママ
♪あぁなた~と、わたしぃ~
♪みんなぁ~
♪ツンツン、ツノダのTU号ぉぉぉぉぉ~


なんで、こんな懐かしいCMソングを歌ったかってっと

ちゅうか、なんのCMソングかも知らない人の方が多いんやろなぁ(汗

さて、ここで問題です!

いったい、このCMソングは、なんの会社のでしょうかぁ!?




ツノダから、こんな製品が出てたのね

かなり、欲しいかもぉぉぉぉぉぉ

んで、「これ」欲しいす
[PR]
by funfunloving | 2007-05-19 19:11 | つぶやく | Trackback | Comments(0)
通勤先のお客さんとこの敷地に植わっている「木」

この1本だけ、種類が違ってて

葉っぱが、綺麗なみどり色のツートンカラー

少し前までは、ライムグリーンだったのだけど

いまは、このとおりのミドリ色

葉っぱのウチっかわから外を透かしてみると

ホントウに綺麗な色で

それを、「撮ってみたい!」と思ってシャッター押したんだが。。。


今日は、ちょっと曇りがちだった、、、のと

向こう側のビルを気にしすぎて、ちょっと近寄りすぎた、、、のと

それに、出勤してくる人を気にもしつつ、、、

ちょっとばかし、失敗したかも orz

ビルも少し写ってるしさ。。。orz


色だけ、みてくださいませ



e0106851_21414695.jpg




次回、雨上がりに期待。。。。(汗
[PR]
by funfunloving | 2007-05-18 21:45 | 撮る | Trackback | Comments(2)
「男児、父親の特定進める 「赤ちゃんポスト」で県警」へのトラバ



この男性の生活環境や、事情は一切知らないけど

どんな事情があったにせよ

3歳の子を預けるかね。。。


3年間も育てることができたのならば

もう少し我慢できなかったのか。。。と思う

いったい、病院までの道中や、預けたときの気持ちはどんなやったんやろ?


3歳ともなれば、その日の出来事をおぼろげにでも覚えてるはず

実際、預けられた子供は、名前も言えて、

父親に連れてこられたこともわかってるというし

この子が「自分は捨てられた」って思うだろう

それが、幼いココロに深い傷を残すことに

なんの罪悪感も持たなかったのだろうか?



子を持つ親として、子であった人として

情けなくて、悲しくて、やるせない。。。


もし、

この男性のココロの中に子供の顔が浮かぶのならば

迎えに行って欲しい



-----
児童虐待から守るという面もあるらしいけど
自分の子供を虐待するようなバカ親が
わざわざ、そういう施設に子供を連れて行くかい?
[PR]
by funfunloving | 2007-05-15 20:40 | つぶやく | Trackback | Comments(2)
Live@Pit-innでも発表されたそうなんで書いてもいいかな?(w


すでに、ご存知の方もいるだろけど
(ていうか、知ってる人はわざわざココを覗きには来ないか、、、w)


橋本一子さんのポリドール期のアルバムが再発される模様!
発売時期は、6月27日予定

タワレコHMVamazonで予約可能!

橋本一子さんのアルバムは、ほとんどが廃盤になっていて
モノによっちゃ、オークションなんかでも結構な高値になってるんで。。。orz

今回の再発はファンにとっては、まさに朗報ですよね!


再発アルバムは、以下のとおり
なお、アルバムジャケットは変更されているかも知れません
ジャケットをClickするとタワレコにジャンプしまっす m(_ _)m


「Beauty」
デビュー2作目
藤本敦夫、渡辺香津美参加
「NajaNaja」収録




「Vivant」
「Flower」、「夢見る動物達」収録
藤本敦夫参加




「Mood Music」
Bossa Novaな雰囲気のアルバム
藤本敦夫、斉藤ネコストリングス参加




「High Excentrique」
硬派な「音作り」のアルバム
藤本敦夫、斉藤ネコストリングス、菊池成孔参加




「High Excentrique Piano Music」
上の「High Excentrique」とは曲は無関係
ドビュッシー、メシアンに一子オリジナルを含むクラシック基調のピアノ曲
高瀬あき高橋アキ、斉藤ネコストリングス参加




「D.M.」
妖しく、気だるい独特な雰囲気を持つアルバム
「風」でのギター、ストリングスの響き、Bossa風な歌声が素敵
某(忘?)化粧品メーカー「Elixir」のCM曲収録
藤本敦夫、斉藤ネコストリングス、菊池成孔参加




「Je M'aime」
ポリドール期のベストアルバム
新曲2曲、remix2曲収録
「NajaNaja」のremixは聴きモノ




----------
こうやって聴いてみると、あらゆるジャンルを本当に「やり散らかした」ってのは納得

それは、決して悪い意味ではなく、いい意味で貪欲に吸収して、探してってこと

それがあって、その下地があって、それらをバラバラにして、組立てなおして

いまの「Ub-X」があるんだな、、、と、思うのです
[PR]
by funfunloving | 2007-05-13 21:19 | 聴く | Trackback | Comments(2)
じつは、ワタクシ

あんがいに、「オタク」やもしれませぬ(w
というか、おそらくは同年代な方々は
だいたいそうだろなぁ、、、と思いつつ(w

でもね、たぶんホンマもんの「オタク」な方からしたら
ワタシらなんて、ぜんぜん「オタ」じゃないんだよね
そこいらへんの自覚はあるんだわ

だから、オヤヂはただの「アニメ好き」、「特撮好き」に
毛の生えたようなもん。。。のはず(汗



絶大なるファン層(それも、萌え萌え系?)を獲得している
「CLAMP」という作家集団がいる
およそ、オヤヂとは無関係な作家なのだけど
たまたま、娘が読んでいた月刊少女マンガ誌に連載してて
ちょうど、「おしおきよ!」で一世風靡した某アニメが終了する頃と
重なったもんで、「CLAMP」作品がアニメ化されることになる


「魔術騎士(マジックナイト)レイアース」
「カードキャプターさくら」
「つばさクロニクル」。。。


独特の絵、そして世界観

作品の共通点は、キャラが美形ってこと
しかも、キャラ間の感情が、これまたビミョーなのだ
キャラのコスチュームが、今でいう「萌え系」ってこと
キャラの口癖も萌え系かな?(「ほぇぇぇぇー」とか、w)
世界観が、ファンタジィー系ってことも


そして、一方、「音」でもって「美」を表現するアーティストがいる

「橋本一子」、ピアニスト

現在は、「Ub-X」のメンバーとして
藤本敦夫(Drum)、井野信義(Bass)の両氏とともに活躍中

彼女も、
ジャンルの枠にとらわれず、また固執することなく、
あらゆるジャンルに挑戦し、それを吸収するアーティスト

彼女の奏でる「音」も独特の世界観があり、美しい
最近の作品ならば、「Laiseca」、「Lara」(ともに「Ub-X」)
「Life is..」、「Homeless in Home」(ともに、「VEGA」)
また、サンゲツでのCM曲など、ピアノを自由奔放に操り、操られ
「音」でもって独自の世界を構築、表現してゆくアーティストである


およそ、接点のなさそうな両者が出会い、映像と音でコンボを組んだ
「耽美」なのは、容易に想像できる

が、その先にあるものは?



「CLOVER」 05/25 on sale


期待大なのだ!
[PR]
by funfunloving | 2007-05-13 18:13 | つぶやく | Trackback | Comments(2)