カレンダー

<   2007年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

♪パァ~、パラッパ、パッパラパ、パラパパッ
♪パッパラパ、パラッパ、パラッパ、パパッ
♪ボボンボンボン
♪パァ~、パラッパ、パッパラパ、パラパパッ
♪パッパラパ、パラッパ、パラッパ、パパッ

(うえの鼻歌、なんの番組のOPか、わかる人おるんかなぁ?)
(と言いつつ、曲名知らんのだよなぁ。。。orz)


どもども、こんにちはぁ~
深夜DJ風に始めました、オヤヂでございます!

まいど、蒸し暑い日が続きますが
みなさん、体長なんかお変わりないですかぁ?

って、おい!
体長変わったら寝るとき大変やろが!
布団、小さいっ!ちゅうねん!
足出てまうっ!ちゅうねん!
風呂の湯、溢れるっ!ちゅうねん!

てか、なんでデカなんねん!
小さなるっちゅう発想はないんかいなぁ!

という、誤字に対するひとりツッコミは置いておいて。。。
正しくは、「体調」ですよぉ!
ええか!これな、意外にみんな、よぅ間違えよんねん!
ここ、テストだすからなぁ!
いっくら好きでも「隊長」って書いても間違いやからなぁ
さいきん、この手の間違いも、よぅ見るでぇ
誤字は、誤字やからなぁ

。。。。。。。(汗


もぅ、毎日毎日暑くって、気温とともに
テンションもあがってしまうので大変ですわぁ。。。(><)



じつは、ワタシ
今日は、
このくそ暑い中を、
朝からですね
ちょっと都会まで行ってきましてぇ

そこで、ちょっといいものを見つけましたよぉ

某有名アパレルのshopが入っているビルがあるんですが
そこのディスプレイが、なかなかに「夏」でしたねぇ
(っていうか、タイトルで思いきし名前言うてるやん!)

こんなです、どぅぞ!



e0106851_1713104.jpg

「ねぇねぇ、おとうさぁぁぁん」
「ん~」
「おめん、買ってよぉ!おめん!」
「おまえ、おめん好きやなぁ。。。。すぐ割れてまうのにぃ」
「どれがええかなぁ。。。」
「あれ!ピカチューがいいなぁ!可愛い!」
「って、ひとの話聞けって!」
「ねぇねぇ、ピカチュー買ってぇ、買ってぇぇぇ」
「家帰ったら、おとうさんが新聞紙で作ったるがな」
「いやいや!ピカチュー、ピカチュー!」
「しゃぁないなぁ。。。。。」

「あの、じゃ、そのピカチュー1枚おくれ」
「へい、まいど!」
「おじょうちゃん、可愛いねぇ。大きくなったら、美人さんやなぁ!」
「ひょっとこのも、もらっとこかな」
「へい、まいど!」


浴衣で夏祭りかぁ。。。。

ヨーヨー釣りに、金魚すくい、
わたあめ、フランク、タコ焼き、焼きそば、
(なかなか入らない)パチンコ、
(絶対に的が落ちない)射的、
(絶対に入らない)輪投げ

んでもって、締めは、打上げ花火!

そろそろ、夏がやってくるねぇ。。。。


というか、引っ張るだけ引っ張って、
アップしたかったのは、この写真だけやったりする。。。。。(汗

縦撮りは、コチラ。。。(オマケつき)
[PR]
by funfunloving | 2007-06-30 17:32 | 撮る | Trackback | Comments(2)
「ここやで!ここ、ここ」

ひさしぶりにあった友人に
「おもしろい場所があるんやけど。。。」、と
はんば、強制的に連れていかれた場所

わけのわからない絵や、書きなぐった文字
まぁ、世間でいう「落書き」が書かれた壁

階段のアチコチには
煙草の吸殻が捨ててあったり、
酒の空瓶に空缶が転がって
汚いこと、この上もない

そんな狭くて汚い階段を下りてゆく

階段の突き当たりに木製のドアがある
そこには、落書きを同じような書きなぐりで

「Welcome to The Secret Club」

と、かろうじて読める字が書いてある

電球の灯りをうけて
鈍く光る金属製のプレートには

「VALIS」

と、彫ってあった

ヤニがつきそうなドアを押して中へ入ると
そこは、音の洪水で溢れていた
騒音、轟音。。。。音の渦
オレらの世代には、ツラい場所であることは確かだ


「えっと、お目当ては、次やなぁ、、、じゃ、ビールでも買ってくるわ」
と友人は言ったきり、
騒音で耳をふさいでいるオレをおいて
barのある方向へ酒を求めに行ってしまった

オレは、仕方ないから近くのカウンターに背もたれて
グルリと、中の様子を眺める

やっぱり、場所柄、若いのが多い
しかも、ちょっと「イカレた感じのヤツら」だ
露出感のある服を着てる若い女
かと思えば、暑苦しい皮の上下を着て髪をおったてたパンク野郎
ピアスだらけのもいる。。。痛そうやわ、あれ
タトゥいれたマッチョもいるし

んで、オレらのような「オヤジ」もいたには、いたが
まぁ、いわゆる「カノジョ」同伴であって
オレたちのように、男同士ってのは、見つけにくい。。。

なんせ、騒がしく、いかがわしげな場所であることには違いない
じっさい、ソファの付近では。。。。×××

「お待ちぃぃぃ」と、ノー天気な声を出しながら
両手にビールを持って友人が帰ってきた
「お前なんか、待ってへんわ!ビールを待ってたの!」と
ビールを引ったくり、一口飲む
「しかし、こんな騒がしいとこ、よぉおれるなぁ???」と、聞くと、
「うん、まぁ。最近、ちょいハマってるバンドおってさぁ」と、答える
「へぇ。。。そりゃ、珍しい」

そんな話をしながら、しばらくすると薄暗いクラブがさらに照明を落とした

「あ、そろそろなんかなぁ。。。」と、友人

ステージが真っ暗になり、
しばらくすると、演奏が始まった

それまで、騒がしかったクラブの中は
一瞬、静まり返り。。。

しかし、その、ほんの一瞬の静けさの後の歓声
ステージの音と、フロアのうねりが共鳴しているようだ

「このバンドがさぁ、ハマってんのぉ!」と、友人がオレに口寄せて言う

やがて、ステージがライトアップされ
何人かの男女の演奏している姿が浮かびあがった

目を引くのは、ステージ左手の女の姿
カノジョは、黒い髪を後ろへ流し
真っ黒なレザーをまとってキーボードを弾いていた
歌うのも、カノジョのようだ
その、細い身体からは、想像しにくいほどの迫力
キーボードを弾く姿も、荒々しくも乱暴ではなく
いや、むしろ繊細かもしれない

そして、ステージの反対側で、ギターをカットしてる男
すこし神経質なくらいに、カットしたギターは
キレがあって、オレのようなシロートであっても
タダモンちゃうな。。。と思ってしまう


♪アノ子は、「イカレた女」
♪hey!hey!hey! だれか、アノ子を落としてみな?
♪アノ子は、coolな女! (悪)賢い女
♪hey!hey!hey! アノ子、落とす男はいないの?


その暴力的な服装からは、
想像しにくいほどに
透き通った声で歌い上げるカノジョ


「あれ、誰なん?」と、隣に聞くと

「あぁ、カノジョ? ichikoて言うねん。美人やろぉ?」
「んでな、ギター弾いてんのが、atsuoって言うの」
友人は、身体をswingさせながらステージを見ていた

「kikuchi」という男が乾いたSaxを吹く
短いフレーズながらも、Funkyでイカレた雰囲気にマッチしてる
キーボードも、ギターも、ドラムも、すべての音に切れがある

「な!けっこう、ええ感じやろ?」
なんか、勝ち誇ったような顔でオレに言う

そぅ、たしかによかった
リズムも、メロディもイカレててキレてる
なにより、イカしてると思ってしまった

オレも、知らず、swingしていた
ライブの間だけ、フロアを回る
売り子のお姉ちゃんからビールをもらい
かわりに、チップを挟む

初めて会ったヤツらの曲に、
身体を預けて、誘いに乗ってみる
しばらく、忘れていた快感が蘇ってくる

熱くなってきた身体と、ハートは
ビールごときでは、冷やせはしない


イカレたクラブに、イカレたバンド

そして

オレらも、イカレてる

そんな、イカレてて、イカシた夜の話し


e0106851_21372824.jpg


「Crazy People in The Secret Club」を「Ub-X」でやったらどないなことになるんやろ???
リーダーは、タイコ叩いて、ギター弾いて。。。大変だなぁ(w

-----

デジタル・リマスタリングの威力は、抜群!
なによりも、音がクリア!
そして、音の奥行きを感じる
だからか、ひとつひとつの「音」にキレがある

正直、なめてかかってたけど、
いやはや、旧盤もってても、これはよいですよ、ご同輩(w

-----
橋本一子「HIGH EXCENTRIQUE」 デジタル・リマスタリング盤





[PR]
by funfunloving | 2007-06-29 21:23 | おはなし風 | Trackback | Comments(9)
ってわけで、橋本隊長が面白い遊びを教えてくださったので
さっそくオヤヂも試してみました!

隊長は、散々な結果だったみたいですけど
さてさて、オヤヂのばやいは、どうなんの?
ってことで、試してみましたぁ!


まずは、名前を「漢字」で試してみることに!
e0106851_20505715.gif

いきなり、こんなん出ましたぁぁぁ!

一生懸命に休む理由を考えているらしい。。。。(汗
しかも、ズル休みだったりする。。。かもしんない
いや、100%ズルだわ
間違い、ない!


んじゃ、お次は「ひらがな」で
e0106851_20532464.gif

そりゃ、ワシかてなぁ、大富豪やったら

毎日遊んで暮らしたいわぁぁぁ!
(キボンヌ


つい、取り乱しました。。。。(汗
さて、「カタカナ」のばやいは、どうなのでしょうか?
e0106851_2055233.gif

まぁ、そりゃ、嫌いじゃないっすけど(♂だから?
そんな、あからさまに公開されても。。。。ねぇ(汗
LOVE&PEACE!

それにしても、やっぱり「金」への執着はかなりのもんで。。。。
この、守銭奴エロおやぢめがぁぁぁぁぁ!!!


んで、「ローマ字」だと、どうなる?
e0106851_20563438.gif

もはや、言葉を失います。。。。。orz
なんなの?これ?
他に考えることないん?なぁ?

最近、お腹が出っ張ってきてるらしいやんかぁ?
メタボ、怖わないんかぁぁぁ~い!
って、そんな問題ちゃうか。。。。(泣


んじゃ、最後に、HNのばやいは。。。。
e0106851_20583244.gif

うん、、、、わかった。。。
もうぅ、わかったから。。。
悩んでることだけは、よぅ~わかった。。。
悩んでるねんな。。。うん、わかったよ。。。わかったから。。。


ちゅうか、HNが(この中では)結構マトモな方っていうのも一体。。。。(汗
というか、これがマトモな方っていうのも、どうなの?っていう



試してみたいという方は、「脳内メーカー」へどうぅぞ
[PR]
by funfunloving | 2007-06-28 21:09 | つぶやく | Trackback | Comments(5)
今宵は、ビンゴ☆ボンゴの新ネタ
「某牛丼屋にて。。。」をお送りする予定でしたが
予定を変更して
今をときめく「Ub-X」のピアニスト・橋本一子さんの
隠されたチョイ悪時代の過去について。。。をお送りいたします!


e0106851_2040962.jpge0106851_20401685.jpgえぇぇぇぇ!!!
ウソやぁ!!そんなんありかぁぁぁ!
めちゃ、練習したのにぃぃぃ(泣


ちゅうか、キミら、めっちゃ笑顔やん。
ウソ泣き、やめときや。。。
ま、こんどな、こんど
こんど、ちゃんとしたるさかいに、今日は我慢しとき、、、な


e0106851_2040962.jpge0106851_20401685.jpgブゥブゥ。。。



はいはい、さいなら、さいなら。。。


コホン、、、
て、ことで

今日は、既報のとおり橋本一子のポリドール時代のアルバムが
一挙に7枚も発売された日でありまっす!(拍手!)
オヤヂも、仕事をさっさと片付けて(爆
地元のタワレコに直行したのですが。。。。。
イケてなぁぁぁい!置いてなぁぁぁい!(泣

こらぁぁぁぁ!ナメとんかぁぁぁぁぁ!!!(><)

はぁはぁはぁ。。。。あかん、また血圧が。。。。
いっしゅん、頭、クラっときたわ
深呼吸、深呼吸。。。。ヒッヒッフゥー、ヒッヒッフゥー


って、これ、ラマーズ法やないかぁぁぁ!!!!
だれか、ツッコんでくれやぁぁぁぁ!


e0106851_2040962.jpg(ボンゴくん、「オヤヂ」の野郎、血圧上がったみたいやで。。。)
(しかもな、ひとりでボケてるし。。。)

e0106851_20401685.jpg(おまわりさぁぁーん、スピード違反ですぅぅぅぅぅ!!)

e0106851_2040962.jpg(いや、せやから、それちゃうし。。。)

e0106851_20401685.jpg(おまわりさぁぁーん、変な人いますぅぅぅ!!)

e0106851_2040962.jpg(ピンポォーン!それ、正解!)



あぁぁぁ、もぅ、キミら、うるさぁーい!
アッチ行っときぃぃぃ!


e0106851_2040962.jpge0106851_20401685.jpg(へいへい。。。。。)




ふぅ。。。やっと、静かになったわ。。。。

で、、、、えっと
そぅ!そうぅです!
今日はね、リマスタ盤の発売日ですわ

なわけでも、今日のオヤヂはお昼休みに「HIGH EXCENTRIQUE」
帰りの電車の中で「D.M]を聴いておりました。。。
隊長も書かれているように、「荒れた時代」のチョイ悪・一子の時代ですね
(「荒れた」って、そっちの意味ちゃうやろぉぉぉ!)

-----
けだるい曲調で始まる「D.M.No4」
シンセの音かな?ヒョロロロロ~ヒョロロロロロ~って
ところで、「D.M.」って、どんな意味なんやろ???
Milesの「ESP」と同じで、記号論的タイトル?


「風」
なんとなく、「Lapin」風な印象の曲ですよねぇ
アコギの音色が、とても綺麗
もちろん、隊長の歌声もクリアで美しいです


が、しかし!
われ等が、隊長は、しだいにダーク・サイドに踏みこんでします。。。(><)


「COMMUNICATION」
「風」と全然歌い方ちゃいます。。。どしたんやぁ?隊長ぉぉぉ!
菊池成孔氏のBassSaxがいい感じですよね!
リーダーの刻むようなエレキもかっこよい!
ノイジィーなギターもリーダーなのかなぁ?
それとも、隊長?


「ELIXIR」
なんといっても、出だしのギターがかっこよい!
もぅ、かっこよすぎ!!!!
妖しい歌詞にセクシーな歌声
刻むギターに、刻むシンセ
某化粧品メーカーのCMだったんですよね
(いまもブランドは残っています)
まさに、化粧品CMにふさわしく男を挑発?
いえいえ、手玉にとっています(汗

男は、みんな女の虜?
もぅ、いっそ、僕(しもべ)と呼んでくださぁーい!(爆
男は、みんな女の手のひらの上で遊ぶがよいわぁぁぁ!


「BOSSA」
電車の中で聴いていたときは、
あぁ、これって橋本一子風BossaNovaやんなぁ、、、と思ってたら
曲名が、「BOSSA」でしたね(汗

この曲あたりから、更生の道をたどる隊長でありました!マル!

橋本一子 「D.M.」リマスタリング盤







Ps.隊長、、、、ごめんなさぁぁぁい (--;
[PR]
by funfunloving | 2007-06-27 21:21 | 聴く | Trackback | Comments(2)
えぇ、やっとこ、なんとか現世にもどってきた感のあるオヤヂです(汗

さきにも書きましたが、今回はドン井野・マエストロさまのまん前でしたんで
おのずと、マエストロの表情や一挙手一投足を拝見することができました

失礼を承知で書かせていただくと
演奏しているときのマエストロは、子供のようです
譜面を見ながら演奏されているのだけれども
大きなEUBを、まるでウクレレ弾くように弾いてみたり

かと思いきや、弓を持ったときなんかは
(おそらく、「life is..」演奏時だったかと)

(この場面では)「こぅか?」とか、
(うぅーん)「これは、どうだ!」とか、
「こんなのも、あるぞ!」ってな感じで
弓を自在に操り弦を弾く姿が、いたずらっぽく
また、探求者っぽくも見え。。。
そのご自身が楽しまれて弾く姿から奏でられる「音」は、
それは、素晴らしいものでした

しかし、オヤヂの見間違いでなければ
マエストロ、演奏の終了付近では
弓の持ち手部分で弦を擦ってませんでしたか?(@@)


あ、あとね、リーダーとアイ・コンタクトしてる笑顔が
(毎回、そうですが)とても素敵で、楽しそうなのが印象的!
もちろん、隊長とのコンタクトもそうなのだけども
隊長の方を向いて笑っているときってぇ
結構、(隊長が)激弾きしてるときなんだよねぇ

(おいおい、、、ガンバってるよぉ。。。)みたいな
んで、リーダーの方を向いて
(んじゃ、オレたちも。。。)って感じ

いや、実際は違うかもしんないけど
オヤヂには、そういう風に想像できたりするわけでございます

けっこう、おもしろ楽しい!

-----
「凛」での最初の「音」を聴いた瞬間
なんでかしら、目頭が熱くなってきちゃいました

西方ツアーでは、ドキドキしたけど
のらくろードでは、ウルっと。。。

-----
お相撲ネタがウケた理由は、両国が近くだからかしらん?
(土地勘ないから、実際には近いのか、どうかはわかりませんが、汗)
そぅそぅ、お相撲ネタといえばバンマスの隠された過去MCも
「お相撲ネタ」でしたよね!
あそこへの流れはカンペキでした!(w

それにしても、「林家こん平です」って言っただけでウケたのにはチョイびっくり(^^;
[PR]
by funfunloving | 2007-06-26 21:09 | 聴く | Trackback | Comments(4)

そして、進化する

聴くごとに、その姿を変貌させていく3人

ピアニスト、橋本一子
ドラマー、藤本敦夫
ベーシスト、井野信義

類稀なる演奏者が出会ったことは
摂理なのか。。。
奇跡なのか。。。

3人が奏でる曲、紡ぐ音は
アルバムごと、ライブごとに
より融けあい、境界の意味すら消し去ろうとしている

よい酒は、新酒であっても旨いものだが、
熟成させればより味わい深く、円やかになるように
「音」は、融けあい、協調しあい、主張しあい


スゴイの意味は、そういうことではなかろうか。。。。


e0106851_2048617.jpg

[PR]
by funfunloving | 2007-06-25 20:50 | 聴く | Trackback | Comments(0)
んで、2ndセット始まりです!

それにしても、江東区森下文化センター
あなどれないぞ!
音響が、とてもスゴイ!響きがよい!
隊長も、「PAがすごくいい!」ってMCで話していたし
ところどころで、[db]皿ウドンのような効果も感じたり
だってね、隊長のヴォイスが会場を漂ってるんだもんさ
オヤヂの頭の真上には、JBLがぶら下がっておりました

裏方さんもお疲れさまでしたぁ!


-----
6)「zizi」

2ndセット最初の曲は、オヤヂも大好きな「zizi」の冒険
前ノリ、横ノリ、ノリノリです
ある意味、今回のコンサートでこの曲が一番jazzらしかったかも
いや、いわゆる普通のjazzじゃないんですよ、決して
だけど、なんかjazzっぽい

オヤヂは、「Ub-X」≠「Jazz」論支持者なんで、こんな表現になります(^^

もう、このアタリから
オヤヂ、幽体分離始めて浮遊しだします。。。。。(謎

-----
7)「girl from Ipanema」

ボサノヴァの巨匠、A.C.ジョビンの名曲
オヤヂも大好きな曲で、もう有名すぎるくらいに
有名、しかも美しい曲ですね

さぁ、今宵は一味もふた味も違った「Ub-X」風の
「妖しいイパネマ」をどうぞ堪能してください


まだ、わずかに赤い光を放ち、
でも、もうすぐ眠ろうとしている陽
その陽が海の果てへと眠りにつこうとする頃
妖しくも、美しい「モノ」が歩いてくる
それは、男のようでもあり
また、女のようでも。。。。

誘われるままに、波打ち際を歩き、
海の中へ潜ってゆくと、昏く
どこからともなく、泡が、いくつか水面へと昇ってゆく

勝手にオヤヂ・サブタイ
「girl & boy form ipanema(in Another Mysterious Zone)」

----
8)「Aventure」

実は、「vega」製作時の仮タイトルが「Aventure」だったそうな

激しく、美しく、情熱的なナンバーです

----
9)「Homeless in Home」

演奏前のMCで、隊長のご自宅の秘密話が公開されて。。。(汗

めっちゃヒーリングな曲です
浮遊感が気持ちくらいに
そう!ここで、オヤヂ初体験!
「瞑想ノリ」です!
あるいは、「漂いノリ」か?!
身を任せきってしまう、気持ちよさ!この快感!
いちど味わったら、止められまへん!

-----
10)「Mas Que Nada」

2ndセットの最後を締めくくるのは
セルジオ・メンデスの演奏で有名なこのナンバー
最近、本家の方でもリメイクされて話題を読んだけれども
「Ub-X」風のアレンジも負けてはおりませぬぞ!

のっけから、ノリノリ!
だけども、ただノリがいいだけでは美学が許さないのが「Ub-X」
隊長のエルボープレイや、○斗百烈拳のような激しいプレイであっても
鍵盤から、小さな宝石が零れ落ちてゆくのをオヤヂは見た!本当だよ!

アクセルイッパイな井野マエストロのドライヴ・ベースに驚き
あの「グゥーン!」って音、すごい、すごい!
よくあんなに打てるなぁ、、、千手ドラマー・藤本リーダーのリズムも素敵だ!

オレは、この曲をセルジオに聴かせてみたいわ(w
どんな顔すんだろね?


以上で、2ndセット終了
盛大な拍手に送られ楽屋へと引き上げるメンバー
拍手は鳴り止まず、まだまだ聴きてぇぇぇ!と言ってる

そして、アンコール。。。
[PR]
by funfunloving | 2007-06-25 20:37 | 聴く | Trackback | Comments(2)
お待たせしました!
え?待ってない? orz...

のらくろード・コンサート本編です!
パチパチ!(拍手ぅ)

「Ub-X」の公式blogでも橋本隊長がアップされていますけど
今回のライヴは、かなぁ~り凄かった!
なんて書くと、「毎回、スゴイ!」って書いてるやん!?
ってツッコミもらいそうやけども、マジで凄かったんやから!

オヤヂ自身は、昨年の西方ツアーで大阪、岡山とライブに行って
(大阪レポはこの辺、岡山レポはこの辺)
今回の「のらくろード・コンサート」で3回目になるんやけど
毎回、(同じ曲であっても)全然違うのね。
まさに、「ライヴ」は生き物!って感じです
あ、そういやぁ、英語表記すっと「Live」やから
あんがいに、言いえて妙かも(w

前フリが長くなっちゃったけど
今回のライブの凄さは、「Groove」の一言に尽きるのでは
ないかと思うんですね
んで、今回が凄かったっていうのは、More「Groovy!」だった
からなのですよ!
縦ノリ(スタンディング)はないものの(爆
前ノリ、横ノリ、当たり前
オヤヂ初体験(っていうか、オレ命名かも)の「瞑想ノリ」
どの曲をとってみても、身体が自然swingしちゃうからね


では、極々簡単に演奏曲と、拙コメントなどをご紹介

まずは、1stセットからいっきまぁーす!

1)「凛」

1stアルバム「Ub-X」からの選挙区、、(あれ?)選曲です(汗
まずは、森下の皆さまがたに挨拶代わりの1曲
「Ub-X」発足のキッカケとなった曲ですね
過去のライブでも「凛」での全力息も絶え絶え演奏は有名な話(w)だけれども
森下でも素晴らしいパフォーマンス
身体全身を使ってピアノを弾く橋本隊長の姿は、もはや神懸りかも。。。
ドン井野・マエストロの重々しいベースの低音、
それに協調する藤本・自称リーダーのドラム(とくに、バスドラの絡みが素晴らしい!)

演奏が終わってから
隊長が右腕をあげてガッツポーズ!(1曲目ですよ!)
いや、聴いてるほうもアレだったんだけど
演(や)ってる方もアレだったんですね!(w

演奏後、会場からは拍手とともに、どよめき(驚き?)の声が聞こえていましたよ
たぶんね、「なぁ、今日ってJazzコンサートだよな?」
「Jazzって、こんなだっけ?」
「なんか、すごいぞ」って驚きだったのかも、ですね

あっと、オヤヂ運よく最前列で、ちょうど井野さんのまん前に鎮座していました
結構、後ろのお客さんの声や反応が聞こえてきたり、感じたりするんですよ
熱気とか、ビンビン感じてて、前からの演奏と、後ろからの熱気(^^)


演奏終了後のMCで、やっぱり息も絶え絶えの隊長に代わってマイクを支配する
リーダーの亜空間トーク登場

今回は、相撲ネタで勝負!
「この曲演(や)ったあとは、隊長はお相撲さんみたいになるんだよね」
と言いながら、お相撲さんのインタビューのマネで
「ハァハァ、ゴッツァンです。。ハァハァ」みたいな
なぜか、場内笑いの渦(爆

-----
2)「Call Me」

2ndアルバム「vega」から
森下文化ホールの音響設備にPAオペレーターの方も素晴らしくって
「音」がキラキラと光って、響きもとても幻想的な感じです

オヤヂは、「Ub-X」ライブでは目をつぶって聴くのがデフォなのですが
この曲では、宇宙空間を飛んでましたねぇ
飛んでたというか、漂流の方が近いかな?
燃える赤い巨大な惑星の傍と流れて、どこからか聴こえてくるのは
隊長の囁き、、、「call me...call me....」って

いきなり、妖精が現れて
それは、ドン井野・マエストロの弾くベースにあわせて消えたり
現れたり。。。素敵な空間
基本的に、ソロ演奏(ソロ回し)はありえない!「Ub-X」にあって
ある意味でエポックメイキングな井野さんのソロベース

だけども、それは「ソロ」という表現ではなくて
たとえば、芝居の舞台でいえば「暗転」的な手法ではないかと
これは、最近になってそう思ったんだけどね

-----
3)「NOVA」

世間を騒がせている例の・・・なんてリーダーのMC(会場、ドッカァーン!
天文用語(だよね?)で「新星」を意味するこの曲も「vega」から

ヴォーカルするは藤本リーダー
MCとは打って変わった甘いヴォイスでポルトガル語系歌詞を歌いあげ
隊長とのコーラスを追いかけるように井野マエストロのベースが唸る
声と音の協調、「Ub-X」の新たなコラボレート手法かもです

そっか!
これって、「Ub-X」にとっても「super NOVA」なのかも、、、ね
年老いた星は、やがて爆発して終末を迎え、
そのエネルギーを受けて、新たな「星」が誕生する
輪廻転生。。。。。

-----
4)「life is..」

去年の西方ツアーでも演奏され、「vega」に収録された曲
静かで幻想的、美しい曲です

はじめは、静かな波が打ち寄せる浜辺を感じました
ここまでは、西方ツアーと同様

海を離れ、やはり宇宙へと
暗黒の、だけど、寒くない空間を漂う身体
全貌が見えないほどに巨大な惑星に近づき
脇を流れ星がいくつも、いくつも流れていき
時間は、静かに穏やかに流れている
もはや、時間なんて概念すら存在しないのかもしれない

流れる、流れる

洞窟のなか、水が、一滴、一滴、落ちる、落ちる


ドン井野・マエストロが手にする弓
弓で弦を縦に擦り、横に擦り、奏でる「音」は
宇宙の響き、海の響き、、、

-----
5)「Luziluzir」

前から読んでも「ルジルジル」
後ろから読んでも「ルジルジル」(w
どこかで、隊長が書いていたような(w
えっと、アルバム買ったときは読み方わかんなかったです(泣

ま、それは置いておいて

曲名は、「キラキラ光る」って意味らしいです
何語でしたっけ?ポルトガル語でしたっけ?(汗

なんでだろ?
クラシック風に聴こえてきました
誤解なきように言っておきますけど、めちゃノリのいいナンバーです
だけども、クラシックなのです
そぅ、メモに書いてるもん!(w
なぜだ?
そう、途中で、ホルストの「惑星」を思わせるフレーズがありました
いや、そう思ったのもオヤヂだけだと思うけどさ(汗

この演奏も、ところどころ「ソロもどき」があって
スパイス的効果になってたのは、さすが!(偉そうですね、汗)って感じでした


-----
以上、ここまでが1stセットでした

なんか、ね
「vega」が、星の名前だからか、
たんにオヤヂ思い込みなのか
今回のコンサートでは、「宇宙空間」を感じました
虚空で暗黒で、だけども、暖かくて、ゆったりしてて
流されるのが気持ちよくて、星、惑星、光が美しく輝いてて。。。
そんな感じですね

1時間くらいでしたか、アっというまの出来事でした
あれ、さっき始まったとこやん???って
それだけ、集中してたっていうか、聴き入ってたのですね
いやぁ、聴き入るとかってのじゃなくて。。。。
(あとで、書こうっと、w)


はい、休憩入りまぁーっす!

休憩中のヒトコマ。。。
[PR]
by funfunloving | 2007-06-25 20:20 | 聴く | Trackback | Comments(4)
さる、6月23日(土)に、東京は江東区にある森下文化センターで
「Ub-X」の2ndアルバム「vega」の発売記念コンサート、改め

のらくろード・コンサートがありまして
いても立ってもいられず、行ってまいりました!(^^)


んなわけで、チラっと予告篇。。。汗


e0106851_2136568.jpg

東京メトロ・森下駅の床にキャールがいました

ちょうど、森下界隈では「朝顔祭り」(だったっけ?)の最中らしく
駅の改札や、商店街までの道に朝顔の鉢が置いてありましたよ
だけど、写真は、残念ながら撮り忘れ。。。。(汗

e0106851_21375980.jpg

のらくろードにはのらくろがいる!
しかし、ピカソもいた、、、らしい
そして、なぜか、ゲルニカを看板に描いた!。。。かも知れない

が、、、なぜに。。。?

e0106851_21425548.jpg

森下文化センターには今宵のライブを告知するポスターが!
脇には、「Jazz Today」でのインタビュー記事の拡大ポスターとかもあって
先だっての新宿Pit-innでのライブもビデオ放映されて。。。たと思う
写ってなかったけど。。。SW入ってなかったのかな?残念(><)

e0106851_21463257.jpg


e0106851_21465036.jpg

ライヴ前、主の登場を静かに待っている
井野ドン・マエストロのエレクトリック・アップライト・ベースと
(この子は、虎次郎なのかなぁ?)
藤本・自称リーダーのドラムセット
青い光線を浴びて綺麗だったのだけど
少しボケてしまった。。。。(><)

隊長が弾くピアノは、黒の中での黒だったので悲しいかな携帯のカメラでは
撮影できず。。。。(><)

でも、今からの「なにか」を予感させる静かで美しいステージ風景でしたね



[PR]
by funfunloving | 2007-06-24 21:52 | 聴く | Trackback | Comments(4)

また来る日まで

そろそろ 500Kに乗ってカンサイにもどります
ゴーォ~ォ~(笑)
[PR]
by funfunloving | 2007-06-24 11:51 | Trackback | Comments(0)