カレンダー

<   2007年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ビリーズ・ブートキャンプが大ブームしたかと思いきや
今度は、鬼軍曹殿がダイエットに協力してくれるそうだ

そうそう、柳の下にどぜうはおらんと思うけど。。。
やれやれだぜ。。。

ビリーも、ハーベイもしょせんは外国人。
食生活、肉体、骨格が異なる国のダイエット方法を鵜呑みにしてよいのか?
いいや、否である。
日本人には日本人にあったダイエットがあるはずなのだ!

しかし、いまの日本にビリーや、ハーベイのような厳しい人物がいるであろうか?

いた!

この御仁である!

愛情を裏返した情け容赦のなさは
きっと、男子ならば筋肉隆々、完全無欠の肉体に鍛え上げてくれることであろうし
女子ならば、和服の似合う体格になるであろう。
しかも、肉体のみならず、日本男児としての、また大和撫子としての
精神をも注入してくれること請け合いである。

さぁ、悩めるメタボ中年たちよ!クリックすべし!!
[PR]
by funfunloving | 2007-07-30 22:25 | つぶやく | Trackback | Comments(8)

交響曲「ニッポンの夏」

時代の波で埋もれた凡才「チョー・ル・キン=ポンニノナッツ」が
生涯で残した唯一の交響曲のマスターが某倉庫のダンボール箱より発掘!

幸い、倉庫が開かずの間であったこともあり保存状態は最高で
当時の演奏のいならず、熱気をも現在に蘇らせることに成功した!


そもそも、交響曲「夏の日」とは
クラシック界では知る人ぞ知ると言われたものの
現在に至るまで、国籍、年齢はおろか、
その生涯の一切合切が不明とされている。
放浪の作曲家「チョー・ル・キン=ポンニノナッツ」が
日本に訪れたときに東洋の小さな国の自然、文化に感動しつつも
やたらと、クソ暑い夏の季節に自失呆然、熱中症になりつつ
その感動を、曲で表現したいと熱い思いをもって
秋の訪れを待たずして完成させたという交響曲である。
しかし、その存在は資料によって残されていたものの
その演奏の貴重さ、偉大さ故に、だれもがしり込みしてしまったために
録音テープの所在が不明になってしまったといういわく付きの作品である。

指揮は、チョー・ル・キン自身。
演奏は、お江戸日本橋管弦楽団と、浪花太閤交響楽団からの選抜
東西を代表する楽団の精鋭がたった一度の演奏のために
特別編成されたなんとも贅沢なオケである。

また、当時の資料によると、
日本の下町を訪問した際に、縁台で夕涼みをしている
男性の姿がいたく気に入り、滞在中に買い揃えたという
ステテコ姿での指揮であったとのこと。
なんと、指揮棒は、輪島塗の菜ばしであったらしい。
チョー・ル・キンによると、ウチワで指揮をしたかったらしいが
これは、ちとやりすぎというものであろう。

どちらにせよ、チョー・ル・キンの飾らない人柄が伝わる逸話である。

前書きが長くなってしまったが
演奏内容を簡単に紹介することにしょう。

第一楽章:「朝~セミ」

夏の朝は、早い!
樹木で鳴いているセミの声が目覚ましがわりだ
窓を開け放つと、部屋に入ってくるのは
夏のなまぬるい風と、セミたちの鳴き声
さっそく、汗ばむ体が気持ち悪い

コントラバスの響きが、なまぬるい風を感じさせ
バイオリン群が奏でるせわしない高音が
あたかもセミたちの合唱に聞こえてくるではないか!


第二楽章:「真昼間~キリギリス」

オーケストラでは非常に珍しい楽器「ギロ」が
夏の真昼間から鳴いているキリギリスの声を非常によく表現している。
なを、ここでの「ギロ」の演奏者は、ミス・ハワイ嬢である。
途中、感極まって「アァー、イヤァ~ァ!アァァ、イヤイヤ!」と叫んでいるのは
一興であろう。


第三楽章:「夕方~雷鳴」

そろそろ日が翳ろうとする頃
だが、まだまだ、太陽の力は衰えず

いきなり始るティンパニの連打!
夕立は、いつも急にやってくる!

ティンパニが雷鳴を奏で
金管楽器が涼しい風の音を表現し
マリンバが、地面を叩きつける雨の音を奏でる
夕立という日本の夏の風物詩を感じさせてくれる演奏だ


第四楽章:「夜~蚊」

ようやく、日が落ち部屋に入ってくる風も
夕立のおかげか、涼しさを感じるころ
耳元で、囁く小さな悪魔

弦楽器のピアニッシモ
木管楽器のハーモニー
アクセントで入るハンドクラップの調和が見事である


第五楽章:「花火」

蚊のわずらわしさに堪りかね
外へと出てみると、夜空に咲く花

打楽器と、金管楽器、
江戸花火職人衆による豪快な打上げ花火が
完全無欠に調和され、演奏はイッキに最高潮へと達する
観客からの「玉屋!鍵屋!」の掛け声も威勢がよい

若干の静寂をおいて
木琴がソロで表現する線香花火で
演奏の幕は静かに閉じることとなる




-----
※断るまでもないとは思いますけど、
登場人物、団体、ストーリーについては
すべて架空のものであり、つまり、まったくのデタラメということです m(_ _)m
でも、ひょっとして、どなたかコレをモデルになんとかしたい!と言われるならば
委細面談、詳細後日ってことで(爆
[PR]
by funfunloving | 2007-07-29 13:17 | つぶやく | Trackback | Comments(18)

チキチキ? キチキチ?

ボクな、ショウリョウバッタの子供やねん

公園の草むらの中でゴソゴソしてたら

近くで足音がしたもんで

ビク!っとして、思わず跳ねてしまったら

変なオッサンに見つかってしもてん。。。。。


ニンゲンの子供みたいに捕まえたりはしんかってんけど

「そのまま、動きなやぁ。。。」とか言いながらモゾモゾしてる

ちゅうかぁ。。。。

いつまで、このままやねん!

ええかげん、暑いねんでぇぇぇ!

逃げたろか、と思ったときに、

オッサン、どこかに行ってもた


e0106851_17231425.jpg


まだまだ、子供やけどな

細くてスラァーっとした長ぁぁぁい足が割りと自慢やねんで

ボクな、幅跳びやったらな

めっちゃ、跳べるで!

オリンピックあったら、ゼッタイ金メダルや!間違いないわ!

たまに、慌ててたらな

薄くて広い羽を伸ばして反則したりするけど

それは、非常事態のときくらいかなぁ。。。


それになぁ、跳ねるときに「チキチキ」って音も出せるねん

でもな、どこで音が出てるんか、よぅわからん。。。。(汗

補足。。。
[PR]
by funfunloving | 2007-07-28 17:31 | おはなし風 | Trackback | Comments(6)
先日のGinza’ RADIOCITYでの初ナビででも

ちょっと紹介されていたけれど

Jazz Today誌主催(だろうなぁ)の

Jazzフェス(って言っていいんだろぅなぁ)に

「Ub-X」が出演されるようであります!!!

あれ?

でも、クレジットには隊長のお名前しかない。。。

単身出張なのか!?(汗

んで、

今回はなんとゲスト付き!

かつての教え子の菊池成孔氏!

残暑の夜は、ちょっとエロティックでアヴァンギャルドな

キツいアルコールの方がほしくなるような

そんな「夜」になるざんしょ???

予感が、ムンムンするざんしょ?



9月かぁ。。。。

行きたい。。。。。ざんしょ。。。。。

あのお方も行きたい。。。らしい
[PR]
by funfunloving | 2007-07-27 17:37 | 聴く | Trackback | Comments(4)
今日は、ちょいとばかしお役所に用事があったもんで
お仕事の方はお休みをばいただきまして行って参りやした

もちろん、帰りの際には
スーパーによってメモに書かれたとおりにお買い物も済ませて(泣
さきほどもどってきた次第でございまっす


で、

お役所のロビーに、あのお方がいらっしゃいました

ちょーリアルです。。。
[PR]
by funfunloving | 2007-07-27 12:16 | つぶやく | Trackback | Comments(5)

いやぁ~ん

おやP子チェックしようと思ってぇ
ちょっと気合いれて書いたのにぃ
ただいまお手入れ中って言われちゃったぁ、、、(><)

(ただのメンテ中ですよ)

あぁ、、もぅ!
くやしぃぃぃぃぃぃ!キィー!(><)


せっかくだから、ここに書くことにするわ!

夏なんだから、そんくらいの冒険はしなきゃぁ!
色合いも柄も渋くて、ワイルドでいい感じだわぁ。
でも、そのまんまだと、さすがに動けないから
レイヤーで決めましょう!

いまの流行は、レギンスよ!
薄手のサブリナなんかもリッチかも知れないわよね!

ホントウは
タンクに、ワイルドにビブラムのブーツなんかをあわせて
そうねぇ
トゥームレイダースのララ・クロフトか、
エイリアンのリプリーなイメージかしらぁ?

それでもって、なんていうのかしら
専門家じゃないから名前がわかんないんだけどぉ
ジョージ・デュークや、ハンコックが肩から下げてた
キーボードなんかを弾いたらぶっ飛びよねぇ~

きゃぁ!かっこいい!
[PR]
by funfunloving | 2007-07-24 22:22 | つぶやく | Trackback | Comments(15)

水の都

ベネチアだと思った人、、、残念でした



残業帰りの街(大阪です)の風景が

というよりも、

暮れ落ちてゆく空の色が

漆黒になりきってしまう前の茄子紺の空が

沈むオレンジ色の夕焼け空が

川面に写るビルの灯りが

とてもキレイだったのです。

みなさま、オツカレサマでした。。。。

e0106851_21521427.jpg


写真ではわかりにくと思いますけど

画面中央付近に宵の明星が輝いているのがわかりますか?
[PR]
by funfunloving | 2007-07-23 21:59 | 撮る | Trackback | Comments(2)
「柏崎市が中京テレビに抗議へ 避難所のマイク問題」へのトラバ

正直、「またかいや!」、って感想

商業主義に汚れてしまったヤツらには
視聴率がすべてであって
それを稼ぐためには、「やらせ」に「捏造」
はては、およそ常識の感覚では思いつかないような
暴挙にでたりもする


先の阪神大地震の体験者としては
たった一晩、余震が起こるなかで狭い集会場の中で
何世帯もの人が一緒に夜をともにしただけでも
ストレスがたまったものです

まもなく、家にもどったものの
ライフラインも切断されてしまって、明日からどうしたら?の毎日

そんなときに、TVやラジオから逐次報道される
「水や、物資の配給情報」
「営業中の銭湯、温泉の情報」
「交通ラインの復旧状況」などなど

それらの情報が、どれだけ役にたったことか!
どれだけ支えになったことか!
それこそが、マスコミの使命ではないのか?


被災地に隠しマイクを仕掛けて、いったいどうするつもりであったか?
面白おかしくバラエティ風にまとめるつもりだったのか?
被災者の生活をリアルに報道するよりも、もっとなすべきことがあるだろう?

マスコミの本分を忘れ、商業主義に走った挙句
弱者をバカにするんじゃない!
不幸にも被災にあった方々を見世物にするんじゃない!


今回の暴挙は、中京テレビがやったってことだが
やはり、対岸の火事であったり、野次馬根性のような
「感覚」ではなかっただろうか?いや、そうに違いない
これは、詫びてすむ問題ではなく本質的な問題ではなかろうか?

ともあれ、
不祥事を起こした報道機関(とくに、TV局だね)は
放送免許取り上げとか、そこまでやらないとダメな気がするね


一方、
今朝の新聞では民主党の某バカ議員が被災地訪問を
水戸黄門にたとえて、「珍道中」と表現したらしい。。。
まったくもって、なんのための被災地訪問であったのか?
選挙前のパフォーマンスであれば、迷惑な話なのだ


かたや、
記者会見の席上で顔にガーゼを宛てた某大臣
「どうしたのですか?」の質問は1回くらいは許そう
無愛想に「なんでもない」と答えた大臣さまも許そう

だが、始終、そればっかの質問を繰り返すのはどうなん?
その質問ばかりをTVで流すのは、どうなのか?
大臣の怪我が、そんなに大事なことなのか!?

まったく、政に携わる人間も腐っていれば
報道する側、正す側の人間も腐っているわい


そんでもって、もっともっと貧しいことは
そんな面白おかしい報道を、見てる人もいてるってこと


こんなバカなニュースを見聞すると、
そんな日本人であることを、恥じたくなる
[PR]
by funfunloving | 2007-07-22 17:47 | つぶやく | Trackback | Comments(6)

エアープランツの花

観葉植物とかって結構好きです

理由は、わりと手間がかからないから(汗
ハイドロ仕立てにしておけば、
適当に水やりしてたらOK?(^^;

エアープランツ(ティランジア)はもっと簡単
週に1回か、2週に1回
寝る前に水をはったバケツにドボンと漬けるだけ
(ソーキング、ていうらしい)

エアープランツは
名のとおりに、空気中の湿気だけで生きているわけでもなく
やっぱり、水は適度に与えてやらないといけないらしい

ただ、やりかたが問題
気孔が開く夜にドップリとあげて
朝には、乾燥させてやる
それが、この子たちには気持ちいいらしい


e0106851_1642162.jpg

エアープランツは、花は咲かないもんやと思いこんでいましたが

結構、繊細な花をつけるんですね


写真ではわかりにくいけれど
淡い淡いピンクの鱗のような片の奥から
伸びている花は、
下が薄い紫
先が濃い紫
でも、新しい花だと青に近い紫

不思議なカタチ、不思議なイロ
[PR]
by funfunloving | 2007-07-22 16:57 | 撮る | Trackback | Comments(2)

明石のカワツエビ

こんやの酒の肴は、これですのん

e0106851_21165017.jpg


明石の夏を彩る「カワツエビ」

今が旬のエビなので、よく出回ってますねぇ
明石のカワツエビは生きたエビのみが流通されるらしく
市場の魚屋さんでは、ピッチピチに跳ねている光景も
よく目にしますよねぇ

魚屋さんで、800g/1000円でした
半分でもよかったのだけど、魚屋のオッチャンが
「あまったら冷凍保存きくで!」と言うから
それに、gで買うと、150円/gなので少々高くつく(汗

今回は、素直にさっと塩茹でにしました
こんだけでも、まだ半分ですね
だいたい、10cm前後で身もパンパンに入ってます

殻も柔らかいので、気にならない方はそのままバリバリといけるし
剥くにしても、すっとキレイに剥けるので楽ちん、楽ちん

プリっとして、ほのかに甘い身が、旨すぎて旨すぎて
ついついお酒呑むのを忘れてしまう。。。。(爆

さてさて、あまった半分は
オリーブオイル煮にするか、から揚げするか、
はたまた、チリソース煮?
お茄子と炊き合わせてもええかなぁ。。。。

でも、作るのは、奥様なので。。。。(汗
[PR]
by funfunloving | 2007-07-21 21:28 | 呑む | Trackback | Comments(6)