カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:イモリ ( 9 ) タグの人気記事

クシイモリたる所以

我が家で飼っているイモリたちのなかで
一番新入りの「ミナミクシイモリ」
オークションで購入したときは
上陸したての小さくてひ弱そうな子供だったのが
およそ1年で立派に育ってくれました

少し前に雌雄の違いがわかったよ!って書きましたが
繁殖期を迎えるころ、
オスの身体には、その名があらわすとおりに
ある変異、異変(?)が起こります

両生類、爬虫類が苦手でない方、オンリー <Click
[PR]
by funfunloving | 2008-03-20 18:05 | ウチの動植物 | Trackback | Comments(2)

なに、見てんのさ?

えっと、両生類だいじょーぶな方限定でお願いいたっしゃっす!

ダイジョブな方は < Click
[PR]
by funfunloving | 2008-03-08 20:14 | ウチの動植物 | Trackback | Comments(2)

じたばたイモリ

ウチでは幾種類かのイモリを飼ってます

今日は、そのうちの「ミナミクシイモリ」の食事風景をご鑑賞していただきましょう
うまく餌をくわえることができずにジタバタ、ジタバタしています
結構、和みます

上映時間は、約1分です
画面をクリックすると再生するはずです。。。

では、どうぞ



e0106851_22335948.jpg
「食後のミナミクシイモリ」の図
[PR]
by funfunloving | 2008-02-09 22:35 | ウチの動植物 | Trackback | Comments(2)

愛の流刑地



「もう、だれにもさわらせない。。。」


e0106851_9264444.jpg



豊川悦司役、クロちゃん
寺島しのぶ役、シロちゃん
[PR]
by funfunloving | 2007-04-29 09:33 | 撮る | Trackback | Comments(0)

今朝のシロちゃん

さいきん、陽気がいいせいか
朝から活発に動きはるシロちゃん

今朝は、壁を一所懸命によじ登ろうとしていました

が。。。。。。

e0106851_20194127.jpg


このあと、身体がスベってしまって
後ろの水場にポチャンとハマってしまい
水に浮かんだまま、しばし呆然としていました。。。。汗
[PR]
by funfunloving | 2007-04-08 20:31 | 撮る | Trackback | Comments(11)

いい湯だわぁぁぁ

我が家のペットの「スベイモリ」ちゃん(♀)

お肌の感想は美容の大敵とばかりに
水を張ったカップの中にチャプン

水の中に全身落ちないように
カップのふちに手をかけて
顔を覗かせていました

e0106851_20142017.jpg
[PR]
by funfunloving | 2007-03-19 20:17 | ウチの動植物 | Trackback(1) | Comments(4)

寝起きの「クロ」

e0106851_923834.jpgyo! yo! hey,yo!
朝日があんまり暖かだから出てきてやったぜ。
オイラが、巷でウワサのスベイモリ♂の「クロ」だい。
撮ったヤツの腕が悪くて、写真小さくてすまねぇな。
こないだのカノジョに比べて、少し黒いのがわかるかい?
目の横のラインがカッコええでしょ?

日光浴して身体を温めないと動けねぇんで、この季節。
だけども、両生類の悲しい佐賀性で
温まりすぎると身体が乾いてしまうんだ、yo!
[PR]
by funfunloving | 2007-01-08 09:29 | ウチの動植物 | Trackback | Comments(0)

ガオォ~!かわいぃ~ w

e0106851_903799.jpgyo,yo,
アイ・アム・欧州産まれのスベイモリ♀どぅえっす。
大きさ、キュートな大人の小指サイズ!
ポッテリ(昨日、ごはん食べたからね)お腹の
黄色いカラー見えますか?
[PR]
by funfunloving | 2007-01-06 09:00 | ウチの動植物 | Trackback | Comments(4)

いもり

e0106851_1025066.jpgウチのペットのイモリだす。
お腹は赤い(オレンジ)けど、
本州在住(?)のアカハライモリでなく
沖縄産の「シリケンイモリ」(性別不明)です。
背中には銀白色の斑模様がはいってます。

尻尾の形が、
「縦方向に扁平で、長く、尖った先っぽ」が、
剣のようだから、らしいっす。
だから、尻剣井守なのですね。

両生類ゆえなのか、爬虫類ほどもすばしくもなく
のったりのったり動くさまや、餌をねだるさまは
「癒し系」ですね。

だけど、可愛いからと、素手で触るのは禁物なのです!
体液に微量ながらもフグと同じテトロドキシンを含みます。
触ったからって死んじゃうわけではないけれど、
手を洗わずに、目なんかの粘膜を触ってしまうと
炎症を起こすこともあるらしく。

イモリを触ったら、かならず水で洗いましょう!
そすれば、大丈夫です。

もっとも、それよりも、なによりも、
彼らは変温動物なので
人間の30℃を越える体温の上では、火傷をしてしまいます!

なるべく、ケースの上から静かに眺めるだけにしましょう。
そのほうが、おたがい幸せなので(w


かれらも、そろそろ冬眠に入る時期かなぁ。。。。


オマケ(?)で薀蓄話しなんぞを、、、

「イモリ」は、「井守」と書いて、井戸を守ります。
爬虫類の「ヤモリ」は、「家守」と書いて、家を守ります。
むかしの人は、そういって出てきても追い払ったりせず
共存していたんですねぇ。。。。。
実際に、「ヤモリ」は、部屋に迷い込んだ蛾や蚊、蝿なんぞを食べますし、
もし、苦手でなければ家に出てきても叩いたりせずに無視してあげてくださいね。

イモリのすごいとこ!
生物学系では有名な話らしいですけど、
体の再生能力が脊椎動物の中でも飛びぬけていること!
指先や腕、足を切断しても骨までも完全に再生するし、
眼球をなくしても(環境さえ整えば)、これまた完全に再生するらしいです。
[PR]
by funfunloving | 2006-12-24 10:02 | ウチの動植物 | Trackback | Comments(0)