カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

板橋文夫ミックス・ダイナマイト・トリオ with パギやん@大阪ロイヤルホース

事の発端は、地元駅隣接のデパートでの張り紙
「板橋文夫」の名前が書いてありました
板橋さんのアルバムはおろか、演奏も聞いたことないボクですが
板橋さんのトリオといえば、当然、あのお方もやってくるのでは?
と、張り紙に目を近づけてみれば!
あった、あった、ありました!
ベース奏者「井野信義」さんのお名前が!
こりゃ、行くっきゃないっしょ?地元だし
なわけで、前売りを購入したわけですが
後日、大阪ロイヤルホースでもライヴがあると聞き
友人を伴って予約をいれた次第なのです

あぁ、前説が長くなってしまった。。。(^^;


いやぁ、初めて聴いた板橋文夫
まいった!効きました!!!
とてもじゃないけど、あんな還暦いやしない!

1曲目から、腰を浮かして全力疾走で格闘のごとく弾く鍵盤
前衛?フリー?即興?
パワーがどんどん会場に充満してくる
トリオに加えて、「浪速の唄う巨人」パギやんこと趙博さん
このお方、すごいっす
魂のこもった唄を聴きました
怒りのこもった唄
優しい唄
楽しい唄
そのすべてに魂がこもっていたと感じたのです
板橋トリオの熱さに負けるどころか、
火に油を注ぐようなパギやんの唄
いや、すごかった

全身全霊で、鍵盤に魂をこめる板橋文夫さん
自由自在な弦さばきで唄う井野信義さん
まさに、ダイナマイト級なドラミングの小山彰太さん
ほんで、熱唱というには熱すぎるパギやん

外は、寒風が吹きすさんでいるけれども
フロアは、ハートは、とてもとても熱く、感動した夜でありました


覚えているかぎりのセットリスト
1st-set
1. ジャンボなんとか(汗
2. 泣いてたまるか
3. 合わせ鏡
4. (ライムライトより)テリーのテーマ (?)
5. Stardust
6. 奇妙な果実(マルコムX風演説付)

2nd-set
1. こびとのダンス
2. 還暦ロック
3. 京城より平壌まで
4. ヨイトマケの唄
5. アリラン
6. 私の青空 (Feat.はるまきちまき)

2nd-setの3と4の間やったか、
大阪環状沿線の京橋、鶴橋、芦原橋の唄(題名しらず)


そのまんまアンコール
・「ブルースコードで!」以外になにも決まっていない即興ブルース
 おやぢ題して「外は寒いでぇ!」


お店を出て帰路につく道は寒かったけど
心は晴れ晴れ、ウキウキ、スマイルスマイル
すっごく元気をもらった気がする

ありがとう!
[PR]
by funfunloving | 2010-01-15 21:27 | 聴く