カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

“Jazz Complex vol.5”@神戸クレオール

てなわけで、“Jazz Complex vol.5”に行ってまいりました。
西山瞳さんがプロデュースされているイベント(だと思う)

雨降る天気の中、開場からお客さんがぞくぞく
開演前にはクレオールのキャパ一杯な状態の大盛況
なかには、ずっと通ってらっしゃるお客さんも多そう
今回初めてのワタシはおとなしく、おとなしく(w


まず、トップバッターは
瀬川真悟(pf) 宮野友巴(A.b)のデュオ
ちょっと見ようによっては松山ケンイチに似てないこともない
pianoの瀬川さん、男子だけども、とても繊細なタッチやと感じました
演奏も、軽い感じで、キレイな旋律
昼下がりのBGMにいい感じ
ただ、ただ、欲を言わせてもらえれば、ちょっと線が細いかなぁ。。。と
互いに最後のところで溶け込んでない感じ
お酒でいえば、できたての「新酒」かな
まだ、荒々しいフレッシュな感じを受けました
もちょっと、演奏にも、選曲にもメリハリがあったらより良かったなぁ、と
リズムボックスなのかなぁ、カチカチって音がなんか妙に中途半端で耳障りでした
いっそ、もっと、リズムボックスを使うか、もしくは使わないか。。。
本当は、ドラムか、パーカッションが一人入ったらばっちりなんだろうけど
苦言ばっかで、ごめん


セカンドバッターは、
升本しのぶ(pf,vo)、パギーラ・キプリンギ(E.b)のデュオ
いやぁ、トークがおもろかった
ベースのパギーラさん、とても笑いのツボを押さえた見るからに
コテコテの関西人やけど、国籍不明?なの
桝本さんとの絡みも絶妙で、それは演奏にも反映されていて
桝本さんの優しいピアノに、でしゃばらないパギーラさんのベース
ほんわかぁ~としたいい雰囲気でした

ほんで、また、桝本さんの歌がいいんだよ!優しい歌
透明で、スゥーと溶けていく感じで
でも、曲は、パギーラさんのだったり
情景が目に浮かんでくるんですよね

「優しさ」が象徴的なデュオでしたねぇ


で、しんがりは
本日の仕切り&受付嬢、西山瞳(pf.)、馬場孝喜(gt)
スタンダードを1曲演奏してからの
組曲”Astrolabe”の演奏

いやぁ、ご本人は長い!と仰ってましたが
また、blogででもそのようなことを書かれていましたが
なんのなんの、ぐいぐい引き込まれる演奏で時間は気になりませんでしたね
え!?、もぅ、終わりみたいな(w
パンフの紙を見ずに聴いていたので、頓珍漢な感想かも知れないけれども
小惑星帯を通り過ぎたり、新しい星の爆発~光の粒子の旅、
かと思えば、深宇宙へ向かって過去への旅。などなど、力あふれる演奏でした
結構、集中して聴いてましたよ
できることなら、ボクが生きているうちのCD化キボンヌ(w


で、アンコールは、全員参加でのセッションプレイ
曲は、「ルート66」


なんかね、あの失礼な例えではあるんだけども
文化祭のノリみたいな、そんな楽しさを感じましたね
主催者手作りのイベントやなぁ、と
やってる方も楽しんでやってるなぁ、と

そんで、同じ楽器を弾いていても、各人に個性があるんやなぁって
そりゃ、当たり前のことなんだけども、同じ時間に聞き比べできることって
3組3様の色合いを感じることができて、非常に興味深く楽しかったですね


また、次回も予定されているそうなんで行きます!
ありがとう!
[PR]
by funfunloving | 2010-02-11 21:05 | 聴く