カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Ub-X 「大阪の熱い夜」ライブレポート (prologue)


2006/12/06 (Wed.)

今日が来るのが本当に待ち遠しかった。
それは、自分の誕生日だからでは決してなく(爆
やっと、関西で大阪で「Ub-X」のライヴが観れるから。
ブログを読むとさ、結構な割合で関東ではライブやってらっしゃる。
そんでもって、どれもが素敵な空間であったり(本屋さんとか、カフェとか)
もちろんライブホールでの演奏もあるのだけれど、
キャールのライブレポを読むと、そのどれもがとてもよい雰囲気なのがわかる。

なんか、悔しいじゃないの!
美味しいモノを見せられて、「お預け!」されてるようで。

で、やっと、その「Ub-X」を目の前で観れる、生演奏が聴けるんだから
気も逸るってもんだよ。

今回のライブは「Ub-X」としても初めての西方遠征ツアー。
別名、(誰がつけたか)「西遊記ツアー」(w
ツアー初日(初日は、11/19の横浜ライブです)の大阪ライブ。
会場は、西長堀の「KNAVE」
客席から見て、左にピアノ、右にドラムセット、中央にベースの配置。
ステージから客席までの距離は1mほど。
オレの席は、運よく前から2列目の中央より左よりのポジション。
ここならば、隊長やリーダー、マエストロのお顔も演奏もよく見えるからね。

さて、席を確保したらば次はお酒だよな。(^^)
演奏が始まるまでにトイレを済ませておいて(汗)、
チケットに1ドリンクが付いてたから
ハイネケンの缶と交換してテーブルに戻る。
ステージを照らす照明の間接光を受けたテーブルで軽く1杯。
PAからはおそらくBluenoteの「No Room for Squares」が流れている。
うぅーん、この雰囲気だけでもいい気分。

予定の19時を少し回った頃に、照明が落とされて
リーダー藤本氏、マエストロ井野氏、そして橋本隊長の順で入場。
会場、拍手でお出迎え。
リーダーが少しおちょけてカクンカクンと歩く姿が、リーダーらしい(w

まず、隊長のMC。
マエストロが隊長に「Gください」と一言。隊長、鍵盤をポン。
リーダーはシンバルの位置を確認。

「最初は、1stに収録されている曲から。。。」
「Ub-Xのきっかけになった曲だよね」と、リーダーが絡む。
まだ、演奏は始まってないのに、それなのに、なんなんだ。。。この雰囲気!
すっごくイイ感じなのが、コチラに伝わってくるんだよ。

さぁ、いよいよ「Ub-X 大阪ライブ」の始まり!


(続く)
[PR]
by funfunloving | 2006-12-08 22:14 | 聴く