人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「Ub-X」のらくろード・コンサート@森下文化センター(2ndセット)

んで、2ndセット始まりです!

それにしても、江東区森下文化センター
あなどれないぞ!
音響が、とてもスゴイ!響きがよい!
隊長も、「PAがすごくいい!」ってMCで話していたし
ところどころで、[db]皿ウドンのような効果も感じたり
だってね、隊長のヴォイスが会場を漂ってるんだもんさ
オヤヂの頭の真上には、JBLがぶら下がっておりました

裏方さんもお疲れさまでしたぁ!


-----
6)「zizi」

2ndセット最初の曲は、オヤヂも大好きな「zizi」の冒険
前ノリ、横ノリ、ノリノリです
ある意味、今回のコンサートでこの曲が一番jazzらしかったかも
いや、いわゆる普通のjazzじゃないんですよ、決して
だけど、なんかjazzっぽい

オヤヂは、「Ub-X」≠「Jazz」論支持者なんで、こんな表現になります(^^

もう、このアタリから
オヤヂ、幽体分離始めて浮遊しだします。。。。。(謎

-----
7)「girl from Ipanema」

ボサノヴァの巨匠、A.C.ジョビンの名曲
オヤヂも大好きな曲で、もう有名すぎるくらいに
有名、しかも美しい曲ですね

さぁ、今宵は一味もふた味も違った「Ub-X」風の
「妖しいイパネマ」をどうぞ堪能してください


まだ、わずかに赤い光を放ち、
でも、もうすぐ眠ろうとしている陽
その陽が海の果てへと眠りにつこうとする頃
妖しくも、美しい「モノ」が歩いてくる
それは、男のようでもあり
また、女のようでも。。。。

誘われるままに、波打ち際を歩き、
海の中へ潜ってゆくと、昏く
どこからともなく、泡が、いくつか水面へと昇ってゆく

勝手にオヤヂ・サブタイ
「girl & boy form ipanema(in Another Mysterious Zone)」

----
8)「Aventure」

実は、「vega」製作時の仮タイトルが「Aventure」だったそうな

激しく、美しく、情熱的なナンバーです

----
9)「Homeless in Home」

演奏前のMCで、隊長のご自宅の秘密話が公開されて。。。(汗

めっちゃヒーリングな曲です
浮遊感が気持ちくらいに
そう!ここで、オヤヂ初体験!
「瞑想ノリ」です!
あるいは、「漂いノリ」か?!
身を任せきってしまう、気持ちよさ!この快感!
いちど味わったら、止められまへん!

-----
10)「Mas Que Nada」

2ndセットの最後を締めくくるのは
セルジオ・メンデスの演奏で有名なこのナンバー
最近、本家の方でもリメイクされて話題を読んだけれども
「Ub-X」風のアレンジも負けてはおりませぬぞ!

のっけから、ノリノリ!
だけども、ただノリがいいだけでは美学が許さないのが「Ub-X」
隊長のエルボープレイや、○斗百烈拳のような激しいプレイであっても
鍵盤から、小さな宝石が零れ落ちてゆくのをオヤヂは見た!本当だよ!

アクセルイッパイな井野マエストロのドライヴ・ベースに驚き
あの「グゥーン!」って音、すごい、すごい!
よくあんなに打てるなぁ、、、千手ドラマー・藤本リーダーのリズムも素敵だ!

オレは、この曲をセルジオに聴かせてみたいわ(w
どんな顔すんだろね?


以上で、2ndセット終了
盛大な拍手に送られ楽屋へと引き上げるメンバー
拍手は鳴り止まず、まだまだ聴きてぇぇぇ!と言ってる





そして、アンコール。。。


ふたたび、ステージにもどってきたメンバーからサプライズ!

なんと、なんと、3人が「のらくろ」のTシャツを着ての登場だぁ!
実は、ライブ開演前に隊長が「のらくろード商店街」にて購入してきたそう
しかも、買ったのは服屋さんでなく、帽子屋さん。。。???

のらくろTシャツを着ての登場に地元のお客さんは大喜び!
いや、ほんとうによくお似合いです
(写真が、公式blogにアップされてますよ!)
とくにね、ドン井野さんがとてもとても似合ってて素敵でした!


アンコール曲は、「Lapin」
可愛い車が、走る
さわやかな風景の素敵で可愛らしい曲

真っ青な空を鳥になって風に乗る
風をうけながら、ときに逆らいながら
気流に乗って、どこまでもどこまでも上がって
波の薫りを感じに降りてきたり


-----
じつは、オヤヂは6月にはいってからですね
「Ub-X」の曲を一度たりとも聴いておらず
うぅーん、「Ub-X」断ちと言うのかな?(^^;
すべては、「のらくろード」に向けて
5感を研ぎ澄ますというか。。。(オヒオヒ(汗)

今回のライブは、いまだかつてないほどにグルーヴがすごくって
その演奏に吸い込まれていく自分がいるわけですよ
身体はノリで揺れているのだけども、別の自分は演奏が創りだす空間に
浮遊しているっていうか、そんな感じなのです
まさに、「幽体分離」

曲を、音を、耳からだけ入ってくるのでなく
身体にしみ込んでくるような
それにまかせてしまう快感

気持ちよかったです


演奏が終了した後も、会場のあちらこちらで絶賛の声も聞こえ
「あぁ、すごかったな」と。。。まだ、放心状態なオヤヂは
しばらく、ステージを眺めておりました。。。
by funfunloving | 2007-06-25 20:37 | 聴く