人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

イカレたクラブのichiko

「ここやで!ここ、ここ」

ひさしぶりにあった友人に
「おもしろい場所があるんやけど。。。」、と
はんば、強制的に連れていかれた場所

わけのわからない絵や、書きなぐった文字
まぁ、世間でいう「落書き」が書かれた壁

階段のアチコチには
煙草の吸殻が捨ててあったり、
酒の空瓶に空缶が転がって
汚いこと、この上もない

そんな狭くて汚い階段を下りてゆく

階段の突き当たりに木製のドアがある
そこには、落書きを同じような書きなぐりで

「Welcome to The Secret Club」

と、かろうじて読める字が書いてある

電球の灯りをうけて
鈍く光る金属製のプレートには

「VALIS」

と、彫ってあった

ヤニがつきそうなドアを押して中へ入ると
そこは、音の洪水で溢れていた
騒音、轟音。。。。音の渦
オレらの世代には、ツラい場所であることは確かだ


「えっと、お目当ては、次やなぁ、、、じゃ、ビールでも買ってくるわ」
と友人は言ったきり、
騒音で耳をふさいでいるオレをおいて
barのある方向へ酒を求めに行ってしまった

オレは、仕方ないから近くのカウンターに背もたれて
グルリと、中の様子を眺める

やっぱり、場所柄、若いのが多い
しかも、ちょっと「イカレた感じのヤツら」だ
露出感のある服を着てる若い女
かと思えば、暑苦しい皮の上下を着て髪をおったてたパンク野郎
ピアスだらけのもいる。。。痛そうやわ、あれ
タトゥいれたマッチョもいるし

んで、オレらのような「オヤジ」もいたには、いたが
まぁ、いわゆる「カノジョ」同伴であって
オレたちのように、男同士ってのは、見つけにくい。。。

なんせ、騒がしく、いかがわしげな場所であることには違いない
じっさい、ソファの付近では。。。。×××

「お待ちぃぃぃ」と、ノー天気な声を出しながら
両手にビールを持って友人が帰ってきた
「お前なんか、待ってへんわ!ビールを待ってたの!」と
ビールを引ったくり、一口飲む
「しかし、こんな騒がしいとこ、よぉおれるなぁ???」と、聞くと、
「うん、まぁ。最近、ちょいハマってるバンドおってさぁ」と、答える
「へぇ。。。そりゃ、珍しい」

そんな話をしながら、しばらくすると薄暗いクラブがさらに照明を落とした

「あ、そろそろなんかなぁ。。。」と、友人

ステージが真っ暗になり、
しばらくすると、演奏が始まった

それまで、騒がしかったクラブの中は
一瞬、静まり返り。。。

しかし、その、ほんの一瞬の静けさの後の歓声
ステージの音と、フロアのうねりが共鳴しているようだ

「このバンドがさぁ、ハマってんのぉ!」と、友人がオレに口寄せて言う

やがて、ステージがライトアップされ
何人かの男女の演奏している姿が浮かびあがった

目を引くのは、ステージ左手の女の姿
カノジョは、黒い髪を後ろへ流し
真っ黒なレザーをまとってキーボードを弾いていた
歌うのも、カノジョのようだ
その、細い身体からは、想像しにくいほどの迫力
キーボードを弾く姿も、荒々しくも乱暴ではなく
いや、むしろ繊細かもしれない

そして、ステージの反対側で、ギターをカットしてる男
すこし神経質なくらいに、カットしたギターは
キレがあって、オレのようなシロートであっても
タダモンちゃうな。。。と思ってしまう


♪アノ子は、「イカレた女」
♪hey!hey!hey! だれか、アノ子を落としてみな?
♪アノ子は、coolな女! (悪)賢い女
♪hey!hey!hey! アノ子、落とす男はいないの?


その暴力的な服装からは、
想像しにくいほどに
透き通った声で歌い上げるカノジョ


「あれ、誰なん?」と、隣に聞くと

「あぁ、カノジョ? ichikoて言うねん。美人やろぉ?」
「んでな、ギター弾いてんのが、atsuoって言うの」
友人は、身体をswingさせながらステージを見ていた

「kikuchi」という男が乾いたSaxを吹く
短いフレーズながらも、Funkyでイカレた雰囲気にマッチしてる
キーボードも、ギターも、ドラムも、すべての音に切れがある

「な!けっこう、ええ感じやろ?」
なんか、勝ち誇ったような顔でオレに言う

そぅ、たしかによかった
リズムも、メロディもイカレててキレてる
なにより、イカしてると思ってしまった

オレも、知らず、swingしていた
ライブの間だけ、フロアを回る
売り子のお姉ちゃんからビールをもらい
かわりに、チップを挟む

初めて会ったヤツらの曲に、
身体を預けて、誘いに乗ってみる
しばらく、忘れていた快感が蘇ってくる

熱くなってきた身体と、ハートは
ビールごときでは、冷やせはしない


イカレたクラブに、イカレたバンド

そして

オレらも、イカレてる

そんな、イカレてて、イカシた夜の話し


e0106851_21372824.jpg


「Crazy People in The Secret Club」を「Ub-X」でやったらどないなことになるんやろ???
リーダーは、タイコ叩いて、ギター弾いて。。。大変だなぁ(w

-----

デジタル・リマスタリングの威力は、抜群!
なによりも、音がクリア!
そして、音の奥行きを感じる
だからか、ひとつひとつの「音」にキレがある

正直、なめてかかってたけど、
いやはや、旧盤もってても、これはよいですよ、ご同輩(w

-----
橋本一子「HIGH EXCENTRIQUE」 デジタル・リマスタリング盤





by funfunloving | 2007-06-29 21:23 | おはなし風