人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

坂本美雨 インストア・ライヴ@タワレコ茶屋町店

今日は、梅田・茶屋町のタワレコまで
坂本美雨ちゃんの(ちゃん付けって大人の女性に失礼だけど許して)
「朧の彼方、灯りの気配」の販売記念キャンペーン(?)での
インストア・ライヴを聴きに行ってきました

15時スタートだったんだけど、早めに着いてしまって
まぁ、CDでも見ながら時間つぶせるよなぁ、と思いながら
エレベーターを降りて店内に入りました

いきなり、美雨ちゃんの歌が聞こえてきた
「あぁ、さすがにライヴあるから店内で流してんやなぁ」って思ったのだけど
どうも、なんか違う

ライブスペースに歩いていくと
あらららら、、、ステージで歌ってますよ!美雨ちゃん
リハ中でした

会場がオープンスペースになっていたんで、
すでに何人かの方々が立ち見してて、
ボクもそんなかにまぎれて見物
結局、なんだかんだで30分くらいリハしてたのかな?
ラッキーでした!(^^

それにしても、生の美雨ちゃんは可愛かった。。。はは(照
リハだから、フルには歌っていなかったんだけども
思ってたよりも小柄な印象でしたねぇ、それに細いし!
(いったい、どんなイメージをもっていたんだが。。。汗)
黒の上下(パンプスも)とロングヘアーが似合ってて
髪をかきあげながら歌ってみたり、
サウンドチェックしてみたり<当たり前だね、そんためのリハだ
機材チェックしている様子をしゃがんで眺めていたり、
トワレコのガチャピン店長を見つけてみたり、
「こんにちはぁ!リハやってまぁーす」って手を振ってみせたり
そんなリハならではの仕草やら、会話やらが聞けて面白かったです


いよいよ開演時間となって係りの方の誘導にて入場
ステージのまん前に3人掛けのベンチが横に3つずつ並んでて
それが縦に2列だから、18人は座って聴けるんだけど
幸いにも整理券番号が若かったもんで、前列2列目で聴くことができました
ステージ衣装に着替えた美雨ちゃんは、少々緊張気味なのか
黒のシャツ(ブラウス?なんていうんだ?)にジーンズ
髪はまとめて束ねてて、メイクも本番用に変えたかな?
肩にアライグマみたいな尻尾と紅い花のコサージュ、パンプスも赤
赤と黒が基調なのね
そうそう、ブレスがとてもカッコよかったな
なんで、そんなとこばっか見てんだ?オレ?(汗
いやいや、見とれていたんですよ
好きな人のことは、いくつになっても気になるもんっってこってす

「朧の彼方、灯りの気配」から選曲しながら、合間にMC
ステージとの距離が近かったせいか、やっぱり緊張気味?
途中、ハプニングもあったけれども。。。見なかったことにしよう(^^;


彼女の声が好きですね
それは、デビュー当時から好きで追っかけてます<実際の「追っかけ」ではないけど
もともと、彼女との出会いもFMで流れていたのを耳にして澄んだ声が気になって
(当時は、まだ「Sister M」名義だったけど)
レコード屋さんでアルバムを探したんですよね
デビュー・アルバムの「aquascape」は、今でも好きなアルバムですね
別のアルバムで歌っていたお母さんのカバーもいい曲でした

きっと、試行錯誤の時代だったのかなぁ

今の彼女の歌は、
デビュー当時とは全然違っててすごく柔らかく感じるんですよ
それは年齢や経験を重ねたからかも知れないし
そういう方向に動いているのかも知れないけれども
ニューアルバムの「朧の彼方、灯りの気配」は、
ご本人もMCで語っていたけれど
生活の時間の中にスゥーっと入ってくる感じ
聞き流すでもなく、聴き込むでもなく、自然な感じの曲のように感じます
これは、今までの坂本美雨のアルバムの中では異色かも
前作「Harmonious」を、もっと昇華させたような、そんな感じがする

今日のライヴでのパフォーマンスでもそうであったけれど
電気楽器(電子ピアノ、エレキ・チェロ)の音であっても柔らかくて
彼女の伸びやかな澄んだ声、歌がとても気持ちいい
電気楽器とはいえ、ピアノとチェロが中心の編成ってのが
(もちろん、PC使ったり、テープ使ったりはしてるけれども)
よかったのかも知れないね
ホントウに、スゥーっと染みるように入ってくる

こうやって、まじかで生で歌声を聴くと
より一層透明感を感じるし、自然と聴き入ってしまう声、歌

これは、彼女のみならず、
ボクの好みのアーティストの曲、歌のすべてで感じることだけど
自分の呼吸とシンクロしちゃうんですよね
自分の吐く息、吸う息と、知らずに「曲」や「歌」がシンクロしちゃう
それが、また、気持ちいい!

「朧の彼方、灯りの気配」は、美雨ちゃん自身の個人的な思い(想いか?)を意識した作品だそう
そして、いま現在は夏に発売予定されている次のアルバムを製作中とのこと
前作、今作と、偉そうなことを言うと「坂本美雨」の色合いが出てきてるのかなぁ?
と、そんな感じですね
個人的には「いい感じの作風」なので、しばらくはこの路線で行って欲しいと勝手な思いがあります


今日はインストアのライヴだったから、
コンサートに比べたら短い時間ではあったけれども
その感動は、コンサートにも負けないと思うし
時間とか、会場とか、そんなんじゃないすよね!
どんだけ、アーティストと観客が一緒になれるか、そゆこったろうなと思うなぁ
とにかく、密度の濃ゆい素敵なひと時でありました(^^

ライブ終わったあと、アルバムにサインをもらって
二言、三言、お話しさせてもらったミーハーオヤヂは嬉々!として帰路に着いたのでした(爆

e0106851_21301374.jpg


美雨ちゃん、須藤さん、徳澤さん、ありがとう!

-----
坂本美雨 インストア・ライヴ@タワレコ茶屋町店

1.オーパス&メイヴァース
2.いくつかのこと
3.Still Song
4.Swan Dive
5.The Never Ending Story
6.灯りの彼方

坂本美雨 (Vocal)
須藤豪  (Key)
徳沢青弦 (E.Cello)

「朧の彼方、灯りの気配」


by funfunloving | 2008-01-13 21:43 | 聴く